ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自由度が高いから
『WiiMusic』は本当によく出来た玩具だなぁ…とつくづく感心してしまいます。

「競う」という部分が弱いため、既存のビデオゲームのカテゴライズからは少し外れている感のある『WiiMusic』ですが、遊んでみると実に面白いです。適当にリモコンを振っていてもリズム通りに音が鳴ってくれるというだけで結構な快感だったりするのですが、それ以上に私としてはとにかく数多くの楽器で遊べてしまうのが嬉しいです。
特にマリンバ、ウクレレ、津軽三味線など、「弾けたら楽しいだろうな」と思っていた楽器が遊べるのは本当に嬉しくて!津軽三味線で『F-ZERO』の「ミュートシティ」の曲をかき鳴らした時はもう鳥肌モノ。なんとかカッコいいミュージッククリップを!…と、背景やパート楽器にひたすらこだわって作りこんでしまっています。

ただ。
いろんな遊び方を自分で模索できるのがとても楽しい『WiiMusic』ですが、既存の音楽ゲームを期待してこのソフトを買った人はおそらく期待外れな印象を持ってしまうだろうなぁとは思います。なにせ冒頭にも書きましたが、とにかく「競う」という部分がありません。また「こうやったらダメ」という部分もありません。あまりにも自由度が高すぎて、プレイヤーが楽器を楽しもうという気がないと、ただ楽器を弾いただけで終わってしまうゲームなんです。
そういう意味では微妙なタイトルかもしれませんね。「お手本どおり正確にこなす」というのが当たり前だった音楽ゲームですから、それらと比較すると『WiiMusic』はあまりにも変化球的存在になってしまっているかもしれません。もう少しゲーム的な要素も盛り込んだら…とも思うのですが、そうするとこのゲームの持つ最大の魅力である「自由さ」そのものが崩壊してしまいそうな気がしますし…。

『WiiMusic』を遊んでいると、改めてゲームの自由度について考えさせられてしまいます。なかなか難しいものですね。


で、気が付いたら弦楽器ばっかり選んで遊んでいる私。う~む、おっさんだなぁ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/694-26ce9b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。