ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おバカなゲーム?『ディザスター』!
任天堂が久しぶりに放つリアルグラフィック系のアクションゲーム『ディザスター』が終わりました。


いやぁ、面白かったです!「傑作だ!」というのとは少し違ったニュアンスなのですが、終った後の感想はとにかく「面白かった!」に尽きてしまいます。時にはリモコンを銃に見立ててTPS(サードパーソンビュー・シューティング)モードで戦闘し、時にはリモコンを横持ちしてカーアクションをし、時には要救助者を探し回って街を走り回り…と、リモコンを駆使した様々なアイディアには感心してしまいましたし、見た目に反して難易度が抑えてあるのもヌルゲーマーには嬉しい仕様です。

それでいて壮大なアクションストーリーが味わえてしまうのですから、エンディングを見ながら「面白かった~!」と思わず口にしてしまうのも無理はないでしょう。シリアス感溢れるゲームなのにも関わらず、全体に漂うおバカ感も魅力的。大雨に打たれながらゴミ箱から出てきた特大ハンバーガーを貪り喰う主人公の姿は、狙って作っているとしか思えないくらいのおバカさです。
(特にエンディング後に見られる特典ムービー『もうひとつのエンディング』を見た時にはさすがに呆れるやら笑い転げるやら。やっぱりこのゲームはシリアスの顔を被ったおバカゲームなんだなぁ…と確信してしまいましたよ!)

ただ唯一、苦言を申し上げたいのはカーアクションのステージ。これ…難易度関係なく難しいんですけど。このカーアクションステージだけは何度もゲームオーバーを繰り返してルートを覚えるしか攻略法がありませんでした…。
まぁこれについては任天堂ホームページに毎月掲載されているオンラインマガジン「N.O.M」でも触れられていたので遊ぶ前から「難しいんだろうな」とは思っていましたが…いや、予想以上でした。かなり難しかったですよ!


『ディザスター』はハリウッド映画ばりのアクションが楽しめる一方で、その全体的に漂うバカさ加減を楽しむゲームでもありました。特にそれはエンディングがだんだん近づいてくるクライマックスあたりで誰もが感じることでしょう。
そんなお茶目な一面も持つ『ディザスター』、「少し気になっている」という方はぜひお試しあれ。おそらくあなたが考えている以上に易しい難易度で、しかも面白いゲームですよ!


さて、『天誅4』が出るまで360でもやりますかね!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/685-4e6dd1f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。