ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ワリオランド』のススメ
Wiiの『ワリオランド シェイク』が終わりました。
ストーリー部分はとっくに終わっていたのですが、クリア後のやりこみとなる隠し宝物の発見・獲得に夢中になっていて、なかなかスパッと終了せずにいたのです。しかし、それもようやくメドがついたので胸を張って手打ちにすることが出来ました。いや、久しぶりの『ワリオランド』、実に面白かった!

しかしこの『ワリオランド』シリーズを遊ぶたびに思います。2D横スクロールアクションとして大人気の『スーパーマリオ』シリーズと、秀逸なアクションと緻密な謎解きが楽しい『ゼルダの伝説』シリーズ。この2つはとても人気があるのに、それらのいいところだけを抽出したような『ワリオランド』シリーズがそんなに売れないのはなぜなんでしょう?もちろん任天堂タイトルらしく、そこそこの数は売れているのでしょうが、『マリオ』や『ゼルダ』とは比べ物にならない程度の売り上げでしかありません。いつもそこが不満です。
ゲームキューブの『ワリオワールド』はゲーム性が少し異なるので別にしますが、ゲームボーイから続く『ワリオランド』シリーズは2D横スクロールアクションでありながら探索と謎解きの楽しみが味わえる、非常に任天堂らしいゲームです。特にGBAの『ワリオランドアドバンス』などは個人的にはシリーズ最高傑作と思えるほど探索の楽しさが味わえる秀作なのです。(一方、DSの『怪盗ワリオ・ザ・セブン』は探索より謎解きの楽しさを存分に味わえる、これまた良作です!)

しかしこれらは『マリオ』や『ゼルダ』と比べると見劣りしてしまうほどの売り上げでしかありません。『マリオ』や『ゼルダ』のゲーム性が受け入れられるなら、まず楽しめる内容にもかかわらずです。もちろん探索が楽しいゲームですから『メトロイド』シリーズが好きな人もおそらく楽しめるでしょう。謎解きのさじ加減は絶妙で、「見えているのに取れない」宝物の取り方に気づいた時の嬉しさは任天堂らしさを存分に味わえるはずです。
やっぱりワリオというクセの強いキャラクターが受け入れられにくいのでしょうか。悪役色が強いうえに、勧善懲悪や正義心より私利私欲が見え隠れするワリオというキャラクターでは主役としてユーザーに訴える力が弱いのかもしれません。そう考えるとキャラクターで損をしてしまっているシリーズなのかなぁ…とも思います。そうだとすると、これがもし『メトロイド』シリーズだったり、主人公にマリオを使ったゲームだったら、もう少し売り上げは変わっていたかもしれませんね。



というわけで。
今まで「なんとなく」という理由でスルーしていた方、ぜひ一度『ワリオランド』シリーズをお試しあれ。おそらくエンディングを見るだけなら、どのシリーズもそれほど苦労せずに達成できることでしょう。しかしやり込み要素は充分にゲーマーを満足させてくれるはず。ライトユーザーからディープなゲーマーまで、手軽に任天堂らしい探索アクションを味わえるのが『ワリオランド』シリーズだと私は思っています。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/667-9381158f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。