ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州のゲーム売り場を覗き見て(携帯機編)
オランダとドイツを見て、思いました。やっぱり欧州でもDSとWiiは人気があるなぁ…と。

こちらのゲーム売り場を見ても任天堂系が一番大きなスペースを割いていて、その人気ぶりがよく分かります。『脳トレ』などのカジュアルゲームから、なんと『世界樹』や『シレン』などのローカライズものを含めたヘビー系ゲームまで、どのジャンルも万遍なく取り揃えてありました。
一方のPS系は、どのショップを覗いて見てもそれほどソフトを揃えていない印象。そもそも売り場スペースがそんなに割かれていないので、エレクトリックアーツ社のスポーツゲームなどしか置いてありませんでした。かつてのPS2全盛期はきっと逆の風景だったのでしょうが、この状況はなんとも切ないものがありますね。

ただそれが本当に悲観的な状態かというとそうでもないようです。なにせ欧州の人はとにかくスポーツ観戦が大好き。PS系のリアルグラフィックは彼らの好きなスポーツゲームには非常に重要なファクターです。街を歩いてみても意外なほどPSPを遊んでいる若者を目撃しますし、そういう若者が遊んでいるゲームが何なのかを盗み見ても、まず間違いなくサッカーやテニスなどのスポーツものです。
さらに欧州、特にドイツの人はかなりのソニーびいきだそうで、そういう意味からも任天堂ハードと上手に共存しているみたいですね。1つ気になったのは、DSに関しては年齢を問わず遊んでいる姿を見たのですが、PSPは若者しか遊んでいない…ということ。PSPの状況は日本と同じみたいです。


出来ればお土産にこちらでしか売られていないゲームソフトを買っていきたいと思っていますが、なにかいいものがあればいいなぁ…。あえて日本のゲームのローカライズものを買っても面白いかもしれませんけど。わりとPSPの方にユーロ独自のソフトが揃っていたようですので、そちらを狙ってみるつもりです。(『ファミコンウォーズDS2』がもう売っているんですが、これは日本語で遊びたいですし!)


でも本当は早く帰りたいんですけどね…。日本ではもう『キャプテン・レインボー』が売られているというのに、なぜこんなところにいるんだよぅ!!


追記:09/04
ドイツでお世話になった通訳の方によると、ドイツ、特にベルリンの人はソニーに対して非常に好意的な感情を持っている(実際、繁華街には「ソニー広場」などもありますしね)のですが、その反面『ソニー製品は数年で壊れる』という意識も根強く持っているそうです。
質実剛健を好むドイツ人はその部分をとても嫌っているため、実際にはソニー製品はそれほど売れていないとのこと。「ソニータイマー」の伝説は世界共通だったんですね…。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/646-1723e657
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。