ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

育成の悪夢とタイムアップ
ポケモンを再開するには避けて通れない道、「ポケモン育成」に手を出してしまいました。

手始めにGBA時代からお世話になっていたメタグロスを育成してやろうと思い、まずは進化前の形態であるダンバルの卵を産ませるところからスタートです。とりあえずGBA以来の久しぶりな育成という事で産ませた卵はピッタリ30個。この数は育成を真剣に考えるとちょっと少なめではありますが、久しぶりの育成ですし、両親の個性を「かわらずの石」を使って遺伝させましたから自分が期待しているステータスに近づけやすいだろうと判断したのです。そこから30個それぞれの個体値を計測してみました。

DS版のいいところはWi-Fi経由で「レベル100対戦」を選ぶと、どんなレベルのポケモンでも強制的にレベル100の状態にしてくれるところ。このレベル100状態はその時点までの努力値が個体値に反映されたステータスになっています。2つのソフトと2つのDSがある強みを活かしてWi-Fiに接続、さっそく30匹全てのステータスをメモ帳に書き出してみました。
すると…比較的「いいな」と思えるダンバルを3匹まで絞り込む事が出来ました。とりあえず残りの27匹を「逃がす」にしてボックスから削除、その3匹のステータスとにらめっこをしながらイメージトレーニングをしてみます。

様々なシミュレーションをしてみた結果、一長一短のある3匹のダンバル(ここでは仮に「A」、「B」、「C」とします)をさらに親にして、それぞれの優秀なステータスを遺伝させる事にしました。まずダンバルAとダンバルCを親にして理想のステータスに近い子供(「ダンバルD」)を作ります。さらにそのダンバルDをBと掛け合わせれば、かなり理想的なダンバルが産まれてくる…という寸法です。(ダンバルはオスメスが関係ないので、このあたりは楽なのです)
とりあえずタマゴから産まれたばかりのポケモンは産卵が出来ませんのでしばらく四天王戦で稼いでレベルアップ、産卵が可能な状態になったらダンバルAとダンバルCを両親にして再び30個のタマゴを産ませます。後はここからまた厳選してダンバルDを選抜、ようやくダンバルBと掛け合わせれば最高のダンバルが完成するというわけですね。
ところがこの時点でタイムアップ。なぜなら今日は任天堂の期待の新作「ソーマブリンガー」の発売日、これからは「ソーマブリンガー」に集中することになるからです。


そこでフッと我に返ります。あ、危なかった…!本気で育成にハマるところでした!ポケモンを再開する時に「泥沼にハマるので育成には集中し過ぎないように」と自分に言い聞かせたはずなのに、実際に始めてしまうとこの体たらくです。だからポケモンは怖い。育成に手を染めると止まらなくなるんですもの!本当に強いポケモンを作ろうとすると1匹だけでも膨大な時間がかかってしまう。しかもそのプレイ時間のほとんどが作業プレイ。とにかく恐ろしいゲームです。

あぁ、本当にこのタイミングで「ソーマブリンガー」が発売されて良かった!来月の20日には「ポケモンレンジャー」の続編も出ますし、積んでるゲームの消化もあります。これならしばらくは育成地獄に身を投じなくても大丈夫そうです。
久しぶりに育成に手をつけて色々なことを思い出しました。そうだ、こういうゲームだったんだポケモンは。その異常なまでの懐の深さに久しぶりに戦慄が走ってしまいました。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/538-e5471589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。