ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルとの別れ
今年の初めあたりから遊んでいたPSPの「どこでもいっしょ」がつい先ほどエンディングを迎え、カエルのリッキーが世界最強を決める大会に旅立っていきました。一緒に過ごした日数は28日、ちょうど4週間になります。
PS版と同様に2週間が経過した時点で一旦お別れが来るのですが、どうやら「仲良し度」が高かったようでさらに2週間延長。晴れて今日という4週間目の日を迎えてお別れとなった次第です。

むぅ…。やっぱりお別れは切ないですし、また4週間きっちり「遊び切った!」という充実感は間違いなくあるのですが、やっぱりオリジナルであるPS版と比べてしまうと後半はマンネリ感が強く感じられてしまっていたのが残念ではありました。
というのも、オリジナル版では毎日ポケットステーションに会話をダウンロードしてあげる要素があったのですが、これが実はミソだったんですね。もちろん毎日しなければならないので手間ではあるのですが、これを行うために毎日違う会話を楽しむ事が出来て結果的に飽きずに続ける事が出来たわけです。
しかしPSP版ではディスクから会話を常に読み込むタイプに変更されています。つまり最初の1週間くらいでガーッと思いっきり遊んでしまうと、ほとんどの会話パターンをその時点で経験してしまう事になってしまうのです。後は会話に混じる単語が変わる程度で内容はほとんど同じ。これではマンネリがどうしても拭えないんですね。ここは本当に残念なところでした。
(日付さえ変わらなければ日記帳が確実に埋まるのも残念です…。)

ただ単語はかなりの数を登録させる事が出来ますし、部屋の家具も面白いモノがどんどん増えていくなど、進化したハード・グラフィックだからこそ楽しめた要素も満載でした。PSPという大きなハードを持ち歩かなければならないという、ゲームのコンセプトからするとマイナスな点も目立ちますが、「どこでもいっしょ」というブランドが持つ「会話を楽しむ」というゲームの魅力そのものは充分楽しめると思います。

本当はこの後にネコのトロやウサギのジュンなどで遊ぼうかと思っていたのですが、上記のようなゲーム内容だと見切れてしまって気持ちが少し萎えてしまいました。もちろんこのシリーズの可愛らしいキャラは大好きですし、せっかく何百という単語を覚えさせたセーブデータがあるので今後も遊んでいきたいとは思っています。が、ちょっと今は小休止ですね。せめて同じ「どこでもいっしょ」の派生シリーズである「レッツ学校!」あたりを遊んでから、別キャラで遊ぼうかと思っています。

「オリジナル版を越えた」とは残念ながら言えない内容でしたが、それなりに満足した4週間でした。ちょっと微妙な評価になってしまって申し訳ないのですが、「どこでもいっしょ」を遊びたくて、しかもPS1とポケットステーションが手元にもう残っていない方には薦めてもいい。PSPの「どこでもいっしょ」はそんな内容でした。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/522-fd314bb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。