ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回想録・第3回~「スーパーマリオブラザーズ」
思い入れのある80~90年代のゲームを振り返る「ゲーム回想録」。第3回目の今回は1985年に任天堂が発表した「スーパーマリオブラザーズ」です。ゲームの内容についてを今さらここで語るのはアホらしいくらい有名なソフトですので、ここでは特には説明はいたしません。今回のこの「回想録」では当時の私から見たこのゲームにまつわる周辺事情について書こうかと思います。

以前にもこのブログで触れたかと思いますが、このゲームが発表された当時の私はバリバリのゲーセン小僧。アーケード至上主義といっても差し支えないほどのファミコン嫌いでして、当然の事ながら発売されると同時に大ヒットとなった「スーパーマリオ」もそれほど好きではない…というよりも大嫌いでした。
「なぜあの程度のゲームがそれほどまでに支持されるのだろう?あんな横スクロールのアクションはゲームセンターに来れば幾らでも遊べるのに。「裏技」なんかで人気を得ようなんていう手段が既に姑息でイヤ過ぎる。もっとゲームセンターのゲームも注目してもらえれば、あんなゲームが人気にならずに済んだのに…。」
スーパーマリオのヒットを目の当たりにするたびに、いつもそんな事を考えていました。ファミコンでスーパーマリオを実際に遊んでいない私には理解できなかったのです。いかに完成度が高かったか、いかに飽きさせない仕掛けが詰まっているかを。そんな苦々しい思いを持っていた私がさらに不信感を高めるきっかけになってしまったゲームがありました。それが当時パソコンで発売された「スーパーマリオブラザーズ・スペシャル」です。

このパソコン版「スーパーマリオ」はハドソンが開発・販売していたソフトです。当時の私はパソコンのゲームには理解を示していたので、あの有名な「スーパーマリオ」とやらを吟味してやろうという気持ちでさっそく遊んでみたのです。
もう内容はひどいものでした。今にして考えてみれば、パソコン版ですからキーボードでプレイしなければならない時点で正当な評価なんて出来るわけがなかったのですが、そのあまりにも酷い操作性に腹が立ち、そのゲームの内容に腹が立ち、その難易度に腹を立てる結果となったのです。
このパソコン版「スーパーマリオ」はファミコン版のオリジナルと違って、画面がスクロールせずに画面の端に行くと次の画面に切り替わるという、いわゆる「ファミコン版ゼルダ方式」でした。スクロールするゲームだったのを切り替え式にムリヤリに変えてしまったので、いろいろと無理が出てきているんですね。
例えば…画面が切り替わると目の前にいきなりノコノコがいたりします。「危ない!」とジャンプをして避けようにも、あまりにも操作反応が悪いのでキーボードのジャンプボタンを押してもマリオはジャンプしてくれません…というようにあらゆるシーンが予測出来ない難しさを含んでいます。
これには腹が立ちました。と同時に「こんなゲームでみんな喜んでいるのか!」と驚愕もしました。ファミコン版とパソコン版を同列に並べて考えるのはどうかと今にしてみれば思いますが、それほどに私の「スーパーマリオ」デビューは強烈な印象を残したのです。その数ヶ月後、友人宅で初めて「本物の」オリジナル版を遊ぶまでは私の「スーパーマリオ」に対する評価は最低のものがありました。

初めて私がオリジナルの「スーパーマリオ」を触ったのは友人宅でした。どういう流れだったのかファミコンで遊ぶ事になって、嫌々ながら私も「スーパーマリオ」をプレイする事になってしまったのです。私としては普段はゲームセンターで高難易度のゲームを遊んでいるつもりでしたから、「こんなファミコンのゲーム、一発でクリアしてやるよ!」くらいの感覚で遊んでみました。中学生とはいえ本当にファミコンを舐めていたのですね。
いや、本当に驚きましたね!もっと「お子様向け」かと思っていましたが、ステージ構成や敵の配置場所などがしっかりと作り込んである事に驚きました。そしてその難易度!余裕をかましてワールド1-4までは行けたのですが、ファイヤーバーの回転に妙に戸惑ってしまったり、ジャンプをした上にクッパの吐いた炎があったり…とあっという間に終わってしまったのです。
実はこの時点では既にパソコン版との違いは判っていたのですが、逆に「なんだ、スクロールするなら全然簡単じゃないか!だっていきなり敵がいる事なんて無いのだから…」とタカをくくっていたのです。しかし実際に遊ぶと別問題でしたね。結局はワールド2までも行けずに終わってしまいました。
プレイする前は大口を叩いていただけに「ふん、敵の攻撃を喰らっても1回は大丈夫なところは魔界村のマネじゃないか…」と悔し紛れに遠吠えをしたのを今でも覚えています。それくらい屈辱かつ衝撃的なファミコン版の初プレイでしたね。

今では「マリオ」と名が付くソフトは絶対に外さずに、しかも必ず発売日に買うほどマリオシリーズに心酔している私。しかし最初は本当に大嫌いなゲームで、さらに友人らの前で恥をかかされたという屈辱的なソフトだったのです。そんな私がマリオシリーズを初めて認めたのはファミコンを買ってからです。もちろん「遊べば結構楽しませてくれるな」と素直に遊ぶようになるまでは時間がかかりましたけどね。
やっぱり「初対面が悪くても仲が良くなってしまえば長く付き合えるもの」という構図は本当にあるのかもしれません。今ではすっかり「マリオ」というブランドを信用しきっていますし、少し厳しいゲームがあったとしても擁護派につい回ってしまうようにすらなっています。

現在ヒットしているDSソフト「Newスーパーマリオ」を遊んでいると昔の事を振り返ってしまいますね。「そうだ、お前と俺は昔は仲が悪かったんだ」…なんて、少し不思議な気分になれます。
あれから今年で21年。今では息子が「Newスーパーマリオ」を遊んでいます。このDS版を見ていると、世代交代が進んでも「スーパーマリオ」は輝きを失っていない事を実感しますね。本当に凄いゲームだと思うのです。


しかし…今にしてみればあのパソコン版はレアな代物だったのでは?と、少し思ったりもします。「遊んだ事がある」って人に会った事が無いんですよね。ちゃんと残しておけば良かったなぁ…。

テーマ:任天堂 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

for ごろんた様

私はBダッシュの早さと「助走」のアイディアに驚いた覚えがありますね。よくあんな事を考えついたな~なんて今でも思います。
私は無限1upが嫌いで、結構クリアするのに手間取りました。ワールド8-1が鬼門で…難しかったです。
【2006/08/08 00:48】 URL | YOH #- [ 編集]


for リョウジマ様

私が遊んだのは確かにX1版でしたね。検索してみると…ちゃんと情報が載っていて驚きました。本当に保存している人がいるなんて!
やっぱりファミコン版の出来が良すぎますから、任天堂とハドソンも封印したいのでしょうかね。まぁ誰にでも語りたくない過去はあるものですが…。本当にWiiで復活したらスゴイです!
【2006/08/08 00:33】 URL | YOH #- [ 編集]


for ポカリ様

パソコン版があったんですね~。最初の印象が最悪だっただけに忘れられない作品です。
マリオ人気というか、マリオブランドのスゴさは本当に目を見張るものがありますね。安定して面白いんですもん…。あのクオリティの高さは並々ならぬものを感じます。
【2006/08/08 00:29】 URL | YOH #- [ 編集]

懐ゲーにして、スタンダード
 『スーパーマリオブラザーズ』は、ファミッ子だった私には衝撃のソフトでしたね~。
今となっては何てこと無いですが、初めて遊んだ時は、操作を複雑に感じたものです。
ボタン長押しでジャンプの高さを調節できるのにも驚きでしたし。
難しくて、クリアできるかな…と思っていたのもつかの間、いつの間にかクリアできるようになりましたし。バランス調整も良かった、と言う証ですね。

ちなみに88版「スーマリスペ」はエ○ュで遊んだことがあったりなかったり…(ゲフンゲフン)
確かに非常に遊びづらかったものです。
【2006/08/07 21:09】 URL | ごろんた #dt4JMNiE [ 編集]

当時パソコンは高嶺の花でした
たしかX1版マリオがあったと思い調べたらPC88版も有りました。任天堂のゲームが他社から多機種で出た希少な例だと思います。
 「スーパーマリオ」「X1」と検索すると見ることができますよ。取っておいてる人もいるんですね~。メディアってカセットテープじゃなかったっけ?自然劣化しやすいのによくぞ!
 FC版とは違う動きをするキャラや、追加されたキャラなどFC版で遊んだ人なら大抵混乱する?仕様ですな~。でも画面を切り替えからスクロールにするだけでけっこう遊べるものになるかも、なんて考えちゃいますよ。今ならアドバンスソフト用に移植すればそこそこ売れそうだと思うんですがねぇ。
 !そこでWiiですよ!スーマリスペをファミコナイズしてWiiでダウンロード販売すれば低予算かつローリスクでゲーム販売ができる!(個人的にはディスクに焼くなどして物理的に残せる方がいいんですが。)任天堂のHPにこのアイディア送ろうかしら。
 
【2006/08/07 19:43】 URL |  リョウジマ #lZWhCyW2 [ 編集]


パソコン版があったんですね、知らなかった…(*_*)マリオに対する想い、最初は悪かったんですねぇ~私はマリオとじゃじゃ丸がしたくてファミコンに飛び付いたクチなので、YOHさんの記事、興味深かったです。
マリオの、今でも衰えない人気はすごいですよね…
【2006/08/07 17:19】 URL | ポカリ #8Pu.k.n2 [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/47-37753afe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。