ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

防御が楽しいドラクエソード
なかなか面白いですね、「ドラクエソード」。ネットなどでは「ボリューム不足」とか「すぐ終っちゃう」なんてネガティブな事を言われていますが、私はかなり楽しんでいます。剣を振りかざし「スパッ!」っとモンスターを一刀両断する気持ちよさが実に快感です。

私がこのゲームで一番気に入っている要素は「極めれば一切のダメージ無しでクリア出来る」というところ。アドバンスで発売されていた「マリオ&ルイージRPG」も同じような楽しさがあったのですが、敵の行動パターンを完全に理解してしまえば一切のダメージを受ける事なくステージをクリアする事が出来てしまいます。これはつまり自分が上達していくのが非常に分かり易いんですね。
最初こそ「こんな攻撃、避けられるか!」なんて思うのですが、極めていくうちに全ての攻撃を防御や跳ね返しで避ける事が出来てしまいます。これによって「ノーダメージでクリアできるようになる」という明確な目的を持って遊び込む事が出来るのです。ここがアクション好きにはたまらないんですね!華麗に敵の攻撃を避けて、的確に自分の攻撃を当てる美しさ。極めた者だからこそ体現できる華麗なプレイ。そんな姿を目指して遊び込む事が出来るのがとても嬉しいのです。

そう、実はこのゲームは防御が面白いのです。ほんの一瞬だけ画面上に現れる受け身ポイントを探し、サッと盾を構えて敵の攻撃を受け止める…というこの防御システム。ただ何も考えないで受け止めていてはアッという間に盾が壊れていってしまうのですが、盾の中央部分に設定されている「スイートスポット」と呼ばれる部分で受け止めれば盾が破損せずに済みます。
ですから防御の時こそ画面に集中、その攻撃を受け止めるのか撃ち返すのかを瞬時に判断して対処しなければならないんですね。上手く受け止めた時には「カキン!」という効果音が聞こえるのですが、これが気持ちいいんですよ!特に炎を吐く攻撃など、連続で防御をしなければならない攻撃を綺麗に受け止めた時の快感は鳥肌モノ、「俺ってメチャクチャ上手くないか!?」と自画自賛してしまうほど華麗に見えてしまうのです。

意外にもこのゲームに防御の面白さを見いだしてしまった私。しっかりとポインタを合わせて防御を成功させて、一気にラッシュをかけて斬りまくる快感に酔いしれています。でもそう考えるとやっぱりこのゲームは正統なドラクエではないのだなぁ…と改めて感じてしまいますね。やはりこのゲームはWiiならではのアクションゲームとして、新機軸のゲームとして評価されて欲しいと思ってしまいます。(「これは失敗作だ!」なんて声もありますし…)
現在は6章を終えて、いよいよ物語も佳境に突入。なんだかストーリーが異様に展開が早いゲームではありますが、「もっと上手くなりたい!」と思わせてくれるゲームなだけに、今のところはそれほどボリューム不足に対して不満は感じていません。

フタを開けてみたら、けっして単調なアクションではない、なかなか歯応えのあるゲームでした。「ドラクエ」のブランドで買っても楽しめますが、ぜひ一人称視点の剣劇アクションゲームとしても楽しんでもらいたいゲームがこの「ドラクエソード」なのです。




それにしても5章のボス、アークデーモンは強かった…というか、あのイオナズンの対処法に慣れるのにえらく時間がかかってしまいました。慣れれば全てを華麗に防御できちゃうんですけどねぇ…。

テーマ:ドラゴンクエストソード 仮面の女王と鏡の塔 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/391-fc94791a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。