ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不健康が趣味を妨げる
「1年のうち360日はコントローラーを握る」と豪語したのは作家の宮部みゆきさん。これを初めて聞いた時には私も「じゃあ俺は365日、全部握るぞ!」なんて変な対抗心を抱いたものでしたが、実はこれが非常に困難な事だと気付くのにそれほど時間はかかりませんでした。
当たり前ですが一年を通じてゲームに情熱を注ぎ続けるのは相当なパワーがいる話です。いくらゲームが好きでも、一日も欠かさず遊び続けようとしても、毎日の生活や健康状態などが壁となって立ちはだかります。そういった意味でもベストセラー作家でありながらゲームを遊び続ける宮部みゆきさんの熱意には頭が下がります。「見習わなきゃなぁ」と常々思ってしまうのです。

なぜそんな事を改めて思ったのかといいますと。昨日、このブログの更新をお休みさせて頂いたのですが、その理由が「健康不良」だったからなんです。仕事中になんとなく体に襲ってきたイヤ~な悪寒。「これは放っておくと間違いなく風邪をひく!」と踏んで、まずは帰宅後に薬を服用、そのままベッドに直行してしまいました。この時ばかりはゲームやマンガなど趣味系の要素は一切排除です。
もちろんベッドに向かう時も「あぁ、マーヴルの続きをやりたいのに…」とか「ブログの更新もしてないや…」という発想も無くはないのですが、それ以上に「いま体を休めないと、もっと酷い事になる!」という確信に近い気持ちの方がそんな遊びの気持ちを駆逐してしまいます。体調が酷くなった状態でゲームをするのがどれほどツライか、どれほどゲームを楽しめないか、それを今までに何度も経験してきました。そんな過ちを繰り返さない為にとった行動が上記のような「自己防衛」の如き安静就寝だったわけです。

よくよく思い返してみれば、年齢が10~20代だった頃はどんなに熱があろうとゲームを遊んでいたものでした。フラフラな状態になりつつファミコンで「ロックマン」をクリアしたり、頭にアイスノンを装着したまま「真・女神転生」の悪魔配合に悩んだ事もありました。38度の熱を出して学校を早退したその足で、タバコの煙がモクモクのゲームセンターに入っていった事もありました。
その頃と比べれば、「本当に無茶をしなくなったものだなぁ」と我が事ながら感心してしまいます。ゲームもマンガも読まずにベッドに潜り込むなんて、昔の私ならば考えられない事でした。それを迷わずに出来てしまうというのは年齢を重ねて気弱になった事によるものなのか、それともゲームなどの娯楽よりも生活を重視するようになったからなのか。

いずれにしろ、私のようなオッサンになると趣味を持続させるにも健康を維持するのが大事なんだと改めて実感してしまったのです。冒頭の宮部みゆきさんの例を出すまでもありませんが、「ゲームを遊び続けてますよ!」なんて大っぴらに言えるのは健康管理もしっかり出来ている事の自信があるからこそ。無茶な生活を続けているようでは趣味に没頭できない…なんて、分かっていて当然なのに、普段はそこから目を背けるように不健康な生活を続ける自分に反省してしまいました。


と、とりあえず夜更かしをなんとか止めなければ…!!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/362-3a2c44a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。