ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUAの感触(前編)~キャラクター
最近はWiiの「マーヴル・アルティメット・アライアンス(以下「MUA」と略)」を遊んでいます。これはマーヴルコミックの人気キャラから4人を選んでパーティーを編成、様々な悪党と戦いながらマイキャラを成長させつつ進んでいくゲームです。
日本というアメコミを受け入れない国でなぜ発売するのか理解に苦しむところではありますが、私らのような数少ないアメコミファンにとってはキラータイトルと呼ぶに相応しいゲームで、実にマニアックでファンのツボを突いてくるような展開がいっぱい用意されています。今日はこのゲームを触ってみた感触を、まず登場キャラクター関連に絞ってつらづらと書いてみようかと思います。

このゲームではまず4人のパーティーを組む必要があります。もちろん最初に選ばれているキャプテンアメリカ・ソー・スパイダーマン・ウルヴァリンで進行させてもいいのですが、実はこの4人で進めると少々困ることがあります。それがタイトルにもなっている「アライアンス」という要素です。
このアライアンスという要素が既にマーヴルの世界を知らない人には訳がわかりません。なぜならこの要素、原作コミックで実際にチームを組んでいたもので編成するのが基本となっているからです。簡単な例を挙げれば「ミスターファンタスティック・シング・インビジブルウーマン・ヒューマントーチ」で編成すればアライアンス「ファンタスティックフォー」が完成する…といった具合でしょうか。中には「ブレイド・デッドプール・エレクトラ・ウルヴァリン」の編成でアライアンス「アサシンズ」完成…のように、実際にコミックではチームを組んでいないものの、キャラのプロフィールを理解していれば思いつくようなものもあったりと非常にマニアックな作りとなっています。

アライアンスを意識してチームを編成すればパーティー全体の攻撃力が上がったりと様々なボーナス要素が付随します。当然もしアライアンスが完成しないパーティーを組むと、その恩恵を受けることが出来ないのですから、ゲームを潤滑に進行させる為にもアライアンスが発生するチーム作りが必須になってくるわけです。このアライアンスを意識してチームを組むのがマーヴルファンとしては楽しかったりはするのですが、そうは言っても「なぜこの編成でアライアンスが発生しないの!?」と泣きたくなるような事もあったりとその辺りは悲喜こもごも。
私はキャプテンアメリカ・アイアンマン・ソー・ルークケイジの4人で正義のヒーローチーム「アヴェンジャーズ」を完成させたかったのですが、この場合はルークケイジではアライアンスが発生せず、ブラックパンサーかMs.マーヴル、もしくはスパイダーウーマンで編成しないと「アヴェンジャーズ」になりません。Ms.マーヴルが大嫌いな私としては泣く泣くスパイダーウーマンをパーティーに入れて、なんとか「アヴェンジャーズ」を完成させました。せめてブラックパンサーが最初から選択可能ならば入れたかったのですが、彼は残念ながらイベント途中で仲間になるキャラクター。もう少し最初に選べるキャラが多ければ迷いも少なかったのでしょうが…ここらは残念な部分でしたね。

それにしてもこのゲーム、以前にも記事にしましたが本当に360版が発売されないのが惜し過ぎます。本当に今からでも考え直して360版を発売してくれないでしょうか。あまりにも惜しい、本当に360版が遊びたくて仕方がありません…って、そこまで書くと「なぜそこまで360版を熱望するのか?」とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんね。それは360版こそが「完全版」と呼ぶに相応しい内容だからなのです。
操作系がリモコンか従来型コントローラーかが問題なのではなく、登場するキャラクターに差があるんですね。スタンドアローン状態ではどちらも同じキャラクターが登場するものの、360版には禁断のコンテンツ「有料ダウンロード」というものが用意されています。そこで買えるキャラクターが素晴らしい…というか、「なぜWiiでは使えないのだ!」と憤慨したくなるものばかりなのです。
サイクロプス、ナイトクローラー、ホークアイ、マグニートー、セイバートゥース、ベノム…そしてハルク!そう、私の大好きなハルクは360版でしか使えないんです!これが惜しい、これが酷い!私はキャップ、アイアンマン、ソー、ハルクで「クラシック・アベンジャーズ」を編成したかっただけに、この仕打ちはショックでした。この情報を知るまでは、当然のようにハルクをメインキャラにして遊ぶつもりでいましたからね。

アメリカではこのゲームの「ゴールド・エディション」、つまり「完全版」というのも売られているそうです。それは有料コンテンツで購入できるキャラクターが全て使えるようになっているというもので、その分お値段が若干高くなっているそうです。
せめてWii版はこの「ゴールド・エディション」を発売して欲しかった。ダウンロードコンテンツがないのなら、そのフォローくらいはして欲しかった。どうせこのゲームを買う人はアメコミマニアか、その予備軍に違いありません。多少、値段が高くたって買ってしまうような人ばかりのはずです。どちらを発売すれば喜ぶかは容易に予想できたはずなんです。

泣き言を言っても仕方がありませんので、今はキャプテンアメリカをメインキャラにしたアライアンス「アヴェンジャーズ」で遊んでいます。せめて去年の大型クロスオーバー「シビルウォー」を意識したアライアンスが用意されていればパーティー編成も考え直したのですが、それすらも用意されていないのですから残念な事この上なし。
そんな口惜しい思いを引きずりながら、今日もシールドを投げまくるキャップが画面の中で暴れ回っているのです。



今日はマーヴルを知らない人には訳が判らない記事になってしまいましたね。明日はそのゲーム性について書くつもりです。




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/357-46ebdab9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。