ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年4月の私的総決算
4月の私的総決算です。だいたい私はこんな事をしてました。
◎まずはゲーム関連から。

購入したゲーム
・DS「私のハッピーマナーブック」新品(いただきもの)
・DS「逆転裁判4」新品
・Wii「スーパーペーパーマリオ」新品
・GC「バトル封神」中古
・GC「機動戦士ガンダム戦士の軌跡」中古
・GC「マリオパーティー5」中古
・PSP「どこでもいっしょ」中古
・PSP「ウルトラマンファイティングエヴォリューション」中古
・PSP「キン肉マン・マッスルジェネレーションズ」中古
・Wii用VC「パンチアウト」
・Wii用VC「忍者龍剣伝」
・Wii用VC「迷宮組曲」
・Wii用VC「スターフォックス64」
・Wii用VC「カービィボウル」
・Wii用VC「レンタヒーロー」
・Wii用VC「パルスマン」

エンディングまで到達したゲーム
・PSP「ウルトラマンファイティングエヴォリューション」
・Wii用VC「スターフォックス64」

ゲーム総括
うわぁ、ゲームしてねぇ!…と言いますか、4月の記事を読んでいる方はご存知の通り、携帯機に関しては完全に「ピクロスDS」にハマり込んでいたのが元凶。もうすぐ300問クリア、その後はいよいよWi-Fiダウンロード問題へ…と留まる事を知りません。据え置き機は「ドラクエ8」を放置して「スーパーペーパーマリオ」をプレイ中。毎日1時間程度ではありますが、確実に進んでいます。早ければ今週末にもクリアできるかな…。「逆転裁判4」は女房が先にプレイしています。私も今月中には遊ぶつもりです。

先月は出張に行った際に中古ソフト屋さんに寄る事ができました。見知らぬ土地のゲームショップを巡回するのは出張の醍醐味の1つ。ゲームキューブソフトとPSPのソフトを3本ずつ購入しました。いずれも2000円を切る金額で購入できてホクホクです。他の収穫ソフトとしてはDS「私のハッピーマナーブック」。仕事関連で入手する事ができました。100%女性向けのソフトなだけに手を全くつけていませんけどね。



◎次にコミック関連を。

自分で読む為に購入したマンガ単行本
・「学校怪談」(高橋葉介)第5巻
・「街角花だより」(こうの史代)
・「あさりちゃん」(室山まゆみ)第83巻
・「ぼくはガリレオ」(樫本学ヴ)第1巻
・「ボッチボン」(わたせせいぞう)

女房が買って私が読んだマンガ
・「エマ」(森薫)第8巻
・「地球へ…」(竹宮恵子)第1巻~第3巻
・「誰も寝てはならぬ」(サライネス)第6巻
・「ごくせん」(森本梢子)第15巻
・「ラブマスターX」(安野モヨコ)第1巻~第2巻
・「夏の魔術」(ふくやまけいこ)上・下巻
・「チーズ・スイート・ホーム」(こなみかなた)第4巻
・「トニーたけざきのガンダム漫画」(トニーたけざき)第2巻
・「皇国の守護者」(伊藤悠)第1巻
・「となりの801ちゃん」(小島アジコ)
・「アップフェルラント物語」(ふくやまけいこ)
・「悲劇の女王」(吉村明美)
・「邪眼は月輪に飛ぶ」(藤田和日郎)
・「蝉時雨のやむ頃」(吉田秋生)

宅配されたアメコミ
・X-MEN#197
・NEW X-MEN#36
・FANTASTIC FOUR#544
・FRIENDLY NEIGHBORHOOD SPIDER-MAN#18
・THE AMAZING SPIDER-MAN#539
・NEW AVENGERS#27

マンガ・アメコミ総括
先月に予告した通り、今月からは「女房が買って、かつ私が読んだマンガ」も加える事にしました。

「学校怪談」は高橋葉介さんの真骨頂であるオムニバス式ホラーマンガの傑作。連載当初は胴体がちぎれて内臓が飛び出すスプラッタな内容が多かったですが、3巻の途中からガラリと作風が変わって少年マンガらしいライトなホラーマンガになりました。たぶん次で完結するでしょう。
「街角花だより」はこうの史代さんのデビュー作。癒される絵描きさんのマンガは読んでいて楽しいです。最新刊の「あさりちゃん」、フリーページで室山まゆみさん姉妹がDSとWiiを買った事を告白されて嬉しくなってしまいました。「ぼくはガリレオ」は「コロッケ!」が終了したばかりの樫本学ヴさんの最新作。相変わらず面白いのですが、内容的に前作と被る印象が強いのが惜しい…!

さて。私の女房はゲーマーというよりもコミッカー・ホリック、いわゆる「マンガ読み」と呼ばれる人。マンガに関しては彼女の方が詳しいですし、毎月買うマンガの量も彼女の方が遥かに上です。そんな女房が買ったマンガを私も幾つか読んでいます。その中から面白かったものを羅列しますと…。

「地球へ…」は今春からのアニメ化を受けて復刻した愛蔵版。私は中学生の時に読んだのですが、この年齢になって読んでも面白過ぎます。素晴らしいですね!「ごくせん」は最終巻。やっぱりドラマより原作の方が遥かに面白いです。仲間由紀恵さんはエンクミを演じるには美人過ぎる…。
吉村明美さんの「悲劇の女王」も面白かったです。この方はプライドの高い女性を描くのが相変わらず上手いです。「トニーたけざきのガンダム漫画」、今回のジオラママンガは必見!よくここまでやるよなぁ。「邪眼は月輪に飛ぶ」を読んで改めて藤田和日郎さんの実力を思い知らされました。短期連載だからこその味があります。
先月に女房が買ったマンガで最も印象深かったのは吉田秋生さんの「蝉時雨のやむ頃」。「BANANA FISH」以降の作品も嫌いではありませんが、私はどちらかといえば「櫻の園」や「河よりも長くゆるやかに」のような日常をテーマに置いている作品の方が好きなのかもしれません。短編ながらとても面白かったですね。

アメコミも少し。「ファンタスティック・フォー」のタイトルが「ニュー・ファンタスティックフォー」に変わっています。久しぶりのメンバーチェンジですからね。しばらくはこのタイトルのまま継続するのかもしれません。「X-MEN」、バチャロが描くミスティークはとても高齢には見えません。「ナルト」のツナデばあちゃんみたいです。「アメイジング・スパイダーマン」、ようやく黒コスチュームになるストーリーが届きました。メイおばさんが狙撃されて大変な事になっています。
「キャプテンアメリカ」、「ハルク」、「アンキャニイ・X-MEN」は先月は届かず。地道に待っています。



…以上、4月の総括でした。今月も宜しくお願いします!
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。