ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピクロスを遊ぶ時のお約束
あの高橋名人の名言といえばご存知「ゲームは1日1時間まで」。やみくもにゲームに没頭するよりも、毎日キチッと時間を決めて集中して遊ぶ方が、プレイそのものも上手くいくよ…という意味が込められています。本来は子供達にゲームを積極的に薦める立場でなければならないゲームメーカーの人間が、あえて子供達の事を考えて、プレイ時間を制限する事を提言している。本当に素晴らしい事ですね。

「ピクロスは1日5問まで」。これは私が考えた、私自身への提言…というか決まり事です。ピクロスという危険なパズルにハマり込んでしまうと、他のゲームを遊ぶ気にならなくなってしまいます。それを抑える為に毎日挑戦する問題数を制限してしまうのです。そうする事によって他のゲームも楽しむ事が出来ますし、毎日チクチクと少しずつ挑戦する楽しみも持続します。Wi-Fiによるダウンロードコンテンツも含めて、なるべく気長に、今年1年間かけて全てをクリアするつもりで構えるようにしたのです。
というのも。今年に入ってから月の頭に書いている「◎月のまとめ」という記事のために、今月に遊んだゲームをちょっと集計してみたのですが、携帯機に関しては本当にピクロスしか遊んでいないような状況なんです。本当なら「ウィッシュルーム」はもちろん、「マリオドンキー2」あたりもクリアしてそうなものなのに、ピクロスが面白過ぎて他のゲームが全く手につかないような状況。これはあまり宜しい状況ではありません。

実を言うと、最近になって再びポケモンが遊びたくなってきています。突然ですがWiiの「バトルレボリューション」に俄然魅力を感じてきたんですね。あまりディープにならないように気を付けながら、育成を始めようかな…なんてささやかな計画を頭の中で企ててはいるのですが、いかんせん今のピクロスにハマり込んでいるような状態では、ポケモン育成なんて夢のまた夢、とても出来たものではありません。なんとか自分なりのルールを定めていかなければ、いつまで経っても同じゲームで足踏みしてしまいます。

で、「ピクロスは1日5問まで」です。実際には後半戦に突入しているので1つの問題を解くのにも時間がかかってしまいますが、それでもルールを決めずに次々に問題を解いていくよりは遥かにマシというもの。なるべく多くのゲームに触れるため、優柔不断な私は自らのルール作りをしなければいけないのです。



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。