ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PSPソフトを買う時に
今月末にPSPの「どこでもいっしょ~レッツ学校!」が廉価版となって再発売されます。以前から欲しいとは思っていたものの、つい買い逃していたソフトだけに廉価版発売のニュースは私にとっては嬉しいニュースでした。
この冬には「ロコロコ」も廉価版として発売されましたし(まだ買ってませんが…)、PSPのちょっと気になっていた作品、特にSCEが発売しているソフトが続々と廉価版になって発売されます。こうなってしまうともう(当然ですが)SCEのソフトを定価で買う気が起きなくなってしまうんですね。確かに安く買える事そのものは嬉しいのですが、果たしてこれでいいのか考え込んでしまいます。

実際のところ、今から「レッツ学校!」を遊んでもネットを介した仕掛けなどは既に配信が終了していたりと、正規版を発売日に買ったプレイヤーに比べるといくつかの部分で損をしている点がないわけではありません。しかしそういった付加価値の部分をそれほど重視していないユーザーにとってはあまり関係のない話で、約半年ほど待てば安くなって発売されるのがほぼ確定なのであれば、やはりそちらを待ちたくもなってしまいます。
特にファーストパーティであるSCEのソフトは他のメーカーに比べて廉価版になるスピードが若干早いようにも思えます。そういった事からも買い控えに走ってしまうのですね。そうやって買うのをためらってしまった新作ソフトがPS2を含めると今までどれほどあった事でしょう?特に私などはどうしても任天堂製ゲームを中心にソフトを買っていますから、PSPはただでさえ後回しになりがちです。それに加えてこの廉価版の存在があっては、なかなかソフトを発売日に買おうという気にはなれないのです。

そういった理由で未だに購入に踏み切れていないPSPのソフトがまだまだたくさんあります。中には「これは廉価版なんて出ないだろう」というものもあるのですが、どうしても「もう少し待てば廉価版が出るかもしれない!」という感情が先に立ってしまって買えずにいるのです。
例えばタイトーの「ジェットでGO!」なんてそうですね。発売からずいぶん経っているのにベスト版が発売されていない現状を見ると、おそらく今後も廉価版の発売は望めないというのが一般的な視点でしょう。しかし私はどうしても「いや、あと2ヶ月くらい待てば…」なんて根拠もないのに思ってしまうのです。ただでさえ発売から時間が経っています、半ば意固地になって新品を定価で買おうとはしないのです。

近いうちに「PSP強化月間」と題してPSPのソフトをいろいろと遊ぶ期間を作ろうと目論んでいるのですが、そのうちどれだけのソフトが新品、もしくは正規版ソフトになることでしょうか。ことPSPに関しては任天堂ソフトのように正規版に対するこだわりがほとんどありません。ひょっとしたら遊ぶソフトのほとんどが廉価版になっている可能性だってあります。
そういえば「極魔界村」も「いつか買わなくちゃ!」なんて思いながら未だに買っていません。その「買わなくちゃ」はもちろん本心ではあるのですが、一方の心の片隅では「カプコレ(廉価版)まだ?」なんて想いもあったりします。我がごとながら困ったものです…。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。