ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「探偵倶楽部」に思いを馳せて
ファミコンディスクシステムのアドベンチャーゲームで「ファミコン探偵倶楽部」という作品がありました。作品としては2作あって、それぞれ「消えた後継者」と「うしろに立つ少女」というタイトルが付いています。どちらもオリジナルはあの名作「新・鬼ヶ島」と同様、前・後編のディスク2枚組の作品で、近年ではアドバンスで発売された「ファミコンミニ」シリーズの第3弾、ディスクシステムコレクションで復刻発売され、一部で話題になりました。
主人公とヒロインの「あゆみ」、それに名探偵の「空木俊介」などのメインキャラクターを中心に、個性的なキャラクターがストーリーに彩りと深みを与えていたのも人気の要因の1つで、現在でも多くのディープなファンを抱えているシリーズです。

簡単にストーリーを紹介しましょう。
最初に発売された「消えた後継者」は、記憶喪失になった主人公が本来の仕事である探偵助手の仕事を続けながら失った自分の記憶を辿っていくというストーリー。旧家を舞台に遺産を巡る親族同士のドロドロとした怨恨と連続殺人の描写がなんとも横溝正史ワールドを彷彿とさせていて、プレイした当時の私はそのなんともいえない退廃的な世界観に唖然とさせられつつも魅了されたものでした。
一方の続編「うしろに立つ少女」では前作から一転して学園ドラマとなっています。とある高校を舞台に女生徒の殺人事件と学校の怪奇伝説の謎を解明していきます。登場人物も生徒や先生、学校職員と実に親しみやすい者ばかり。殺伐としていた前作とは異なり、全体的に明るい雰囲気となっています。前作と比べて演出が素晴らしくよく出来ていて、ラスト周辺の演出は今でも語り草になっているほどです。

このゲーム、2つの作品のうち圧倒的に人気が高いのが2作目の「うしろに立つ少女」でした。プレイヤーに親しみやすい学園ものという設定の上に、前作では控えめに主人公のサポート役に回っていたヒロインのあゆみが準主人公という扱い。加えて起伏の激しい展開と壮絶なラストがストーリーを際立たせています。今でも「ファミ探」というと「うしろに立つ少女」をイメージするプレイヤーも多く、こちらの作品がファミ探の代名詞的作品として語られる事が多いのが現状です。
しかし、私は今も昔も「消えた後継者」派。もちろん「うしろに立つ少女」も嫌いではありませんが、やはり退廃的な世界とラストの真相解明部分の展開、なにより横溝正史の「金田一」シリーズを全部読破した者には堪らないストーリーがこれでもかと繰り広げられます。さすがに子供がプレイするとあって謎解きや陰惨なシーンは抑えられてはいますが、それでも日本独得の陰の部分といいますか、暗くジメッとした雰囲気がなんともステキで他にはない魅力を持っていると思っています。学園ものの「うしろに立つ少女」ほど入り口が低く設定されてはいませんが、むしろその敷居の高さがこの「消えた後継者」のプレイヤーの心を鷲掴みにしているのです。
パッケージに描かれたイメージイラストも、アニメテイストの「うしろに立つ少女」に対して「消えた後継者」は油絵調。いったい本気で売る気があるのか分からないくらいのいさぎよさが「消えた後継者」の魅力です。アドバンスの「ファミコンミニ」シリーズでは売れ行きの良くなかった1作目でしたが、いまプレイしても「すごい世界観だなぁ」と改めて感じてしまうほど、当時としては画期的かつ挑戦的な作品でした。

今でもディープなファンを抱える「ファミコン探偵倶楽部」。ディスクシステムの代表的なジャンルといっても過言ではないアドベンチャーゲームの中でも、一際異彩を放っているのがこのシリーズです。「消えた後継者」も「うしろに立つ少女」もファミコン史に必ず登場する作品になっている事からも、このゲームの異彩さが伺えます。
そのうちWiiのバーチャルコンソールでも登場する日が来るのでしょうが、その時は未プレイの方もぜひダウンロードしてこの雰囲気を味わってもらいたいですね。当時ここまで陰鬱な雰囲気をファミコンで出すことが出来た。それも任天堂自らがこのソフトをリリースした。当時の任天堂のチャレンジ精神を垣間みる事が出来る作品の1つだと私は思っています。





さて。なぜ今日、なんの脈絡もなく突然この「ファミコン探偵倶楽部」について記事を書いたのか?
それはこの「ファミ探」がなければ私ら夫婦は出会っていなかったし、結婚もしていなかったから。このゲームをきっかけにして出会って結婚した私らは、これを書いている今日(4月4日)に結婚10周年を迎えてしまいました。
ゲーマー夫婦を続けて10年も経過してしまいました。しかもお互いにまだ現役でゲームしてます。自分らの事とはいえ「スゲェなぁ」なんて思いつつ、とりあえず今日は10年目の結婚記念日という事でアドバンスの「消えた後継者」の電源を入れてしまいましたとさ。

この記事に対するコメント

for spw様

素敵…かどうかは別にしましてですね、とりあえずこのゲームがきっかけで結婚しました。だから私にとってこのゲームは特別なんです。

本当に人生って分からないもんですね~!
【2007/04/10 02:06】 URL | YOH #- [ 編集]


for Phantom様

いや、たまたまですってば!アメリカではGoWで相手が見つけた強者もいるそうですし!
しかし出会いはどこに転がっているか本当に分からないですからね~。実際、某DUOで結婚したカップルもいらっしゃいますし…。
【2007/04/10 02:04】 URL | YOH #- [ 編集]


キクさんがやってくる!
キクさんがやってくる!
おそろしやー!

…とワタクシは震えておりましたが、その頃YOHさんは素敵な出会いがあったのですね。

人生って不思議だ!
【2007/04/10 00:05】 URL | spw #- [ 編集]

なんと!
ファミ探がきっかけでしたか。
私に嫁がいない理由が分かりました(笑)

これは、急いでプレイせねば。
【2007/04/07 23:50】 URL | phantom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。