ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サードパーティー初の快挙!
なんとも驚きましたね~!いよいよナムコの名作パズル「ことばのパズル・もじぴったん」のDS版が来週にも発売になるのですが、このゲームがなんと「タッチ!ジェネレーションズ」のラインナップに仲間入りしたんです。「タッチ!ジェネレーションズ」といえば任天堂が提唱したDS向けの新機軸ソフト群の事を指しまして、ここには今までゲームにあまり馴染みのなかった人を呼び込むためのソフトばかりが用意されています。あの「脳トレ」や「ニンテンドッグス」はもちろんの事、最近では「お料理ナビ」や「マジック大全」、意外なところでは「テトリスDS」や「ピクロスDS」などのソフトもこの「タッチ!ジェネレーションズ」のラインナップに含まれています。
そんな「タッチ!ジェネレーションズ」ですが、今までは任天堂のソフトのみが並べられていました。まぁ提唱したのが任天堂なのだから当たり前かとも思って何の不思議もなく受け入れていましたが、そんな状況の中、今回初めてナムコ製の「もじぴったん」が加わったのです。もちろんこれはサードパーティー初の快挙とあって、ファンとしても祝わずにはいられません。いや、本当に素晴らしい事です!

個人的にはこの「もじぴったん」はアーケードで発売された頃からのファンです。移植されたアドバンス版はもちろん、PS2版もPSP版も、さらにはサントラやらTシャツやらのグッズまで持っているほどの「もじぴったん」フリークを自認しています。そんな私ですから今回のDS版には密かに大きな期待を掛けていました。絶好調のハードであるDSでリリースする事で、一気にブレイクしてもらいたい…くらいの事を考えていました。
そこへこの「タッチ!ジェネレーションズ」入りという任天堂の援護が入ったんです。もちろんこの援護には任天堂が持っているテレビコマーシャル枠での「もじぴったん」CMの放送なども含まれますし、販売にも任天堂のバックアップが期待される事でしょう。移植されていない最後の携帯機であるDSでの発売が、一気にメジャータイトルにのし上がる最大のチャンスとなったわけです。

そもそも2年前、PSPとDSという2つの携帯ハードが揃って発売された時に「もじぴったん」がPSPで発売された事にひどく不満を持っていました。単純に考えても従来型の操作よりタッチペンやマウスを使った方がストレスなく遊べるゲームなのに、なぜ敢えて従来型のPSPで発売する必要があるのか?ソフトの適材適所を見失っているその販売戦略に、当時の私はえらく憤慨したものでした。
しかしそれも今や過去の話。とうとうDSで遊べる日が来たのです。しかも任天堂の大きなバックアップ、あの「レイトン教授」や「漢検DS」ですら成し得なかった「タッチ!ジェネレーションズ」の仲間入りという最大の武器を手に最後の挑戦に挑むのです。3つのハードで発売されたシリーズの累計が50万本程度という事ですが、ぜひDSでシリーズ累計でのミリオン達成を狙ってほしい。名作であるにもかかわらず、今まであまり大きく扱われなかった口惜しさをここで吐き出してほしいのです。

…とはいえ、大きく売れるのはさすがに難しいかもしれません。しかし多くの人の目に触れるチャンスが到来しました。店頭の「DSステーション」ではデモ映像が流される事でしょうし、テレビCMもこれから発売日に向かって増えていく事でしょう。
大好きなゲームが再評価してもらえるチャンスが来た。それだけでファンは舞い上がってしまうのです。それほど好きな「もじぴったん」。早く遊びたくてウズウズしています。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。