ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柔軟な発想で切り開け
いきなりですが、今日ご紹介するマンガのストーリーです。

豊かな発想と好奇心を持つ12歳の少年、信楽天太。彼はひょんな事から危機に瀕している大手玩具メーカー「楽天堂」の会長と知り合う事となる。その会長から頼まれたのは「ぜひうちの社長となって我が社のピンチを救ってくれ!」というもの。さらにその頼みには「女装して」という条件付き。
好奇心旺盛な天太は快諾し、昼間は小学生、放課後は女装して社長を務めるという2つの顔を持つ事となる。女装社長、天太の前には社長の座を狙う専務や、楽天堂の株を買い占めてM&Aを狙う新興企業など、悪い事を企む連中がいっぱい!そんな敵を相手に小学生らしい柔軟なアイディアでピンチを切り抜けていく…。


というわけで今日、ご紹介するマンガは「トップ~放課後社長は12さい」です。小学館から刊行されている学年誌、「小学六年生」に昨年まで連載されていました。
20070211230941.jpg


ストーリーを読んで頂ければ分かるかと思いますが、とにかくスゴいマンガです。いきなり小学生が女装して会社の社長になります(しかもかなり美人!)。悪い大人はこの新しい女社長を陥れるべく、様々な罠を仕掛けてきます。M&Aを狙う敵対企業の社長が女装した天太にデートを申し込んできます。ムチャクチャなストーリーが真面目な顔をして、これでもかと展開していきます。う~ん、スゴい!面白い!
20070211231104.jpg 20070211231114.jpg


内容もスゴければ、この作品を作り出しているのもスゴい方々です。まず、このマンガの原作を担当なさっているのは野村伸さんという方。この方のなまえを平仮名にして最後に「ぼ」をつけてみましょう…すると、「のむらしんぼ」になります。そう!あの受験マンガ「とどろけ!一番!」やナンセンスギャグの極地「つるピカハゲ丸」で活躍された漫画家、のむらしんぼさんが初めてマンガ原作に取り組んだ作品なんですね。
そして作画の方を担当なさっているのが、知る人ぞ知る、あの岩田和久さん。普段は青年漫画雑誌などで活躍されている方で、歌舞伎町を舞台に風俗業界を描いた「女衒」や「復讐する女シリーズ」など、非常に濃い世界を描くのが上手い漫画家さんです。もともとはイラストレーターだけあって絵の完成度や構図取りは折り紙付き。私は「女衒」でこの漫画家さんを知ったのですが、可愛らしさと艶っぽさを兼ね備えている大人の女性の描き方に、当時は舌を巻いてしまったものです。
さらにこの作品の監修をしているのが、ネットではお馴染みの企業「楽天」。もうなんというか…これで「中身もスゴければ、作っているのもスゴい」というのがお分かり戴けるでしょうか。

そんなスゴい人たちが集結して作り出したこの作品、もちろん対象年齢はあくまで11~13歳の子供ですから、それほどエグい世界は見せていません。むしろ児童マンガらしいご都合がかなり動員されていて、その強引な展開には思わず苦笑もこぼれてしまいます。
でもそこがこの作品の面白いところなんですね。小学生社長が成人の社員に「社内ではランドセルを着用のこと!」なんて命令する姿とか、酒の席をなんとか乗り切ろうと工夫する姿とか、子供らしい発想で会社を動かしていく姿は下らないながらも微笑ましいものがあります。このあたりは野村氏が「つるピカハゲ丸」でよく描いていた「子供から見た大人のバカバカしい姿」を感じさせてくれますね。彼が原作を担当していた事を感じさせる象徴的な部分だと思います。

作画担当の岩田さんのブログを拝見する限りでは、このマンガは単行本化が少々難航したようです。やっぱりその大きな原因がこの作品に登場するキャラクターの1人で、主人公の会社をM&A(企業吸収)しようと企む男、「堀毛」の存在。もちろん名前を見ての通り、元ネタはあのドラえもんっぽい愛称の人なのですが、やはり裁判中という事もあってデリケートに扱うしかなかったんでしょうね。結果的に単行本化されたのは嬉しい限りです。
また単行本化にあたっては巻末に「日本創業者列伝」という日本の優れた技術者や経営者を紹介するコーナーも用意されています。松下幸之助、豊田喜一郎、本田宗一郎、井深大…など、経営を語る上で欠かせない偉人が紹介されているのですが、実に分かりやすく書いてあって好感が持てました。子供にも分かるようにシンプルに、それでいてポイントはしっかり抑えて紹介してあります。こういう部分は学年誌掲載のマンガならではですね。個人的に嬉しい特典でした。

20070211231251.jpg 20070211231302.jpg


6年生とはいえ、とても小学生の学年誌に連載されていたとは思えない、大人っぽい絵柄で展開される強烈なストーリーに夢中になってしまいました。現在は第2巻まで刊行されていますが、もうすぐ最終巻である第3巻も発売されます。いよいよ完結、果たして天太くんの女装が暴かれてしまう時が来るのでしょうか?

こういう作品があるから学年誌からも目が離せません。いや、実にいい作品に巡り会いました!



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。