ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復刻ブームに感謝を込めて
今日はちょっとマニアックな話です。

いや、本当に驚きました。最近は過去のアーケードゲームが何本も入っているオムニバスソフトが流行のように各メーカーから発売されていますが、実は「すっごく欲しいけど、まず無理だろうな~」と思っていたメーカーが1つだけあったんです。
それが今週の「ファミ通」を読んでいたら…なんと!出るじゃないですか!本当に「まさか」のリリースで、思わず目を疑ってしまいました。ゲームのメーカーが少し特殊なものですから、諦めというより夢物語のように考えていました。いや、本当に驚き…そして嬉しすぎます!!
そのメーカーとは「アタリ」。かつてアメリカに存在した世界で最古のゲームメーカーの1つであり、潰れては復活し、潰れては復活し…を繰り返して、不死鳥のように何度も蘇っていたメーカーです。家庭用ゲーム機を世界で初めて作った事でも有名で、ゲーム史を語ると必ず出てくる「アタリショック」の語源となったのは多くの人が知るところですね。

そんなアタリのアーケード作品を32本も収録したオムニバスソフトが、9月にPS2向けソフト「ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」というタイトルで発売されます。このラインナップが非常に嬉しいタイトルばかりで!私が学生時代に夢中になっていたものばかりなんですね!変にゲーム黎明期のクラシックタイトルに偏らずに、敢えて熟成されたゲームばかりを選んでいます。
よくテレビの「懐かしのアニメ特集」なんてバラエティがありますが、あのテの番組で白黒の「鉄腕アトム」を流されても私の世代にはあまり嬉しくないのと一緒ですね。もちろん歴史的価値として黎明期のゲームを尊敬する事が大事なのはよく分かっていますが、やっぱり懐かしさを込めて遊ぶなら自分が夢中になって遊んだゲームの方が楽しい…そんな正直な気持ちを分かってくれているようなラインナップ。これには感動しました!

…と褒めちぎっていますが、実はこのソフトの内情も複雑なようです。実は「アタリ」という単体の会社はとっくに潰れていて、アタリブランドそのものの権利は現在はフランスの「インフォグラム」という会社が握っています。このソフトのタイトルが「ミッドウェイアーケード…」となっているように、インフォグラム社に買い取られる前は、アタリ社の権利は「バリー・ミッドウェイ」という会社が持っていました。
つまりこのソフトに収録されているゲームは、ミッドウェイ社と関わり合いを持っている、もしくはミッドウェイ社のブランドで発売された頃のゲームばかりなんですね。気になって海外のサイトを見てみると、やはり海外ではミッドウェイ社が独自にこのソフトを制作・販売しています。(ちなみに海外ではPSP版まで発売されています…欲しい!)
ちょうどミッドウェイ社がアタリのブランドを持っていた80年代後半に当時のナムコが提携し、海外のアタリブランドのゲームが日本に輸入されていた時期がありました。それが私がちょうど夢中になってゲームをやっていた頃なんですね。「ガントレット」や「マーブルマッドネス」といったようなゲームに私は完全に魅了されまして、アメリカ産ゲームをむさぼるように遊びました。

そんな青春を費やしたゲームがまさかこの平成の時代になって自宅で遊べるなんて!それもオムニバスソフトで遊べるなんて!X-box360のダウンロードサービスくらいしか期待していなかっただけに、とにかく感動してしまいました。
「アタリのゲームが遊べる」というだけで電車に1時間以上も揺られて、遠くのゲームセンターに遊びに行っていた高校時代。34歳の今、再びこのソフトで燃えようと思います!
こうやって近年のオムニバスソフトによる復刻ブームにマニアは今日も咽び泣くのでした。


それにしても、この手のソフトの場合は必ず「なんであのゲームが収録されていないの!?」というタイトルが1つや2つはあるものですが…やっぱりありましたね、このソフトにも。そう、超名作の「ピーターパックラット」が収録されていません!
なぜ!?「ガントレット」などと同じようにナムコ輸入で日本にかなりの数が出回っていたから、時期的には問題ないはずなのに…。
あ、よく見たら「スタンランナー」も入ってないや…。

テーマ:ゲーム速報 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

for Phantom様
もし販売会社の担当者が「粋」な心の持ち主だったら…入れてもらえるかもしれませんけど。ちょっと厳しそうですね~。

やっぱりこのソフト、今は亡きテンゲンから出て欲しかったですね。色々な意味で粋でしたから!
【2006/07/17 00:34】 URL | YOH #- [ 編集]

あっ!そうか
わざわざ日本語版は入れていないでしょうね。そうなるとピットファイターの魅力も半減だなぁ。

ピーターパックラットは、予定のあったPCエンジン版も結局出ませんでしたよね。
仕方がないので、サントラで口笛サウンドを堪能しましょう。
【2006/07/16 16:06】 URL | phantom #- [ 編集]


for Phantom様
「マーブル」だけでなく、アタリは特殊なインターフェイスのゲームが非常に多いので操作系は本当に気になっています。
まぁ遊べるだけでも「良し」としなければいけないのかもしれませんけど…。

「スタンランナー」は入れて欲しかったですね~。あ、でも「ピットファイター」の「残虐行為手当」もそうですけど、日本にローカライズされたバージョンもちゃんと収録されているのでしょうかね?ベタ移植なら、海外版のみの収録の可能性も高いですよね…。
【2006/07/16 02:18】 URL | YOH #- [ 編集]


う~む、たぶん買うとは思うんですが知らないのが多いなぁ。
マーブルマッドネスの操作が気になりますね。

スタンランナーが入ってないのは残念ですね。プレイした事はないですが、「コインいっこいれる」を見たかったです。
【2006/07/16 01:25】 URL | phantom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/24-3575c9dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。