ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去のゲームの対価とは
Wiiで過去のゲームが遊べるバーチャルコンソール、その2月の配信ラインナップが発表になりました。どのハードも非常に魅力的なタイトルが並んでいて、その素晴らしさたるや「こりゃしばらくはWii専用ソフトなんていらないんじゃない?」なんて思わず言いたくなってしまうほど。実に充実したソフトを並べてきた感があります。
ところが一部でそのタイトルの1つについて物議を醸しています。それはゼルダ64「時のオカリナ」のダウンロードに必要なポイントが1200も必要になるという事。64のソフトは今まで(…といっても2タイトルしかありませんけど)一律1000ポイントだったので、ゼルダだけ値段が高い事に拒絶反応を示す人がいるんですね。今までスーパーファミコンでもタイトルによっては100ポイントほど高かったりしましたが、やはり今回のように1000ポイントという大台をオーバーしてしまう事に抵抗があるのでしょう。

私個人としては1000ポイントを越えようが全然構わないと思っています。そもそもハードによって価格が均一化されている方がおかしいと思っていまして、本来ならゲームのボリュームなどによって価格を決めるものだと思っています。だから同じファミコンでも黎明期に発売された「ギャラガ」とハード終盤に発売された「星のカービィ」が同じ500ポイント必要になっている事のほうがよほどギャップを感じてしまいます。ちょっと納得し難いものが気持ちの中で渦巻いています。
64ゼルダ「時のオカリナ」の遊び込める深さはかなりのものですから、1200ポイントくらいなら妥当に感じていますし、64ではハードとは別に「拡張パック」が必要だった「ムジュラの仮面」や「ドンキーコング64」、「パーフェクトダーク」あたりのタイトルならそれくらい必要になってもおかしくはないでしょう。過去のゲームの対価を誰が決めるか議論の余地はあるかと思いますが、とりあえず現在のところは配信元である任天堂が決めるのが筋ですから、この価格が現在のソフトの相場という事なんでしょう。必要ならば払い、いらなければ払わない。単純な話ですが、そういうものなんだと理解しています。

「必要ポイントが総じて高い」というような「そもそも論」も未だに根強く残っていますね。確かに携帯アプリで比較的ボリュームのあるゲームが300円程度でダウンロード出来てしまう時代ですから、そう思う人がいるのも当然かと思います。実際、私もファミコンの「ドンキーコング」程度のゲームで500ポイントを払う事に対して、抵抗がないかと言われれば返す言葉に詰まってしまいそうになってしまいます。「ジュニア」や「3」ならともかく、ファミコンの「ドンキーコング」はアーケードの劣化版だという事は周知の事実ですからね。
でもハードを持っていれば確かに高いかもしれませんけど、ハードそのものから買いそろえると割安になる事と、何より1つのハードに違うハードのゲームが揃っている(それも合法的に!)という魅力には堪え難いものがあります。数年前はまさかソニックを遊んだ後にそのままのハードですぐマリオを遊べる時代が来るとは夢にも思いませんでした。過去のゲームを愛でる趣味を持つ人間にとっては、このWiiの便利さが有り難くて仕方がないのです。夢の競演を間近で見ているような錯覚すら感じてしまうのです。

私なんかはもし64の「どうぶつの森」がダウンロードできるなら1500ポイント出しても全く惜しくないんですけど…やっぱり賛否が別れるんでしょうか。いや、そもそもあのゲームそのものにファミコンソフトが収録されているから難しいかもしれません。バーチャルコンソールの意味が薄れますものね。
メガドライブは海外のソフトも配信されるそうで、そういう希少なソフトなんかも多少高くてもいいかと思うのですが、どうなんでしょうね。難しいところです。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。