ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続編の抱えるプレッシャー
かつてハドソンでファミコンの「スターソルジャー」のリメイクをしようと、あの高橋名人が陣頭に立って制作に取りかかった時にあった有名な話。とりあえず若手のクリエイターにザッと作らせてみたところ、出来上がってきたのが流行の弾幕避け系のゲームだったそうです。あまりにも前作と違う内容に渋い顔をしたところ、その若手クリエイターは「でも今の流行はこういうゲームなんですよ…」と言ったらしいんですね。それを聴いた高橋名人が「でもファンが求めているスターソルジャーはこんなのじゃないから」と一喝、結局はまた作り直す事になったそうです。

確かに古いゲームをそのままリメイクしても、その時代にそぐわない可能性があるのは否定できません。システムを刷新する事で新たなファン層を掴める事ももちろんあるかと思います。ですからこの若いクリエイターがやろうとした事も理解できるのです。ファミコンのリメイク作品とはいえ、おそらく懐かしさで手に取るプレイヤーばかりじゃないでしょう。いや、むしろオリジナルを知らないプレイヤーの方が多いかもしれない。ならば今風のシューティングの要素も入れて懐の深さをアピールした方がいい。それでこそ今、リメイクする意味がある…そんな気持ちがあったのかもしれません。
でもこれは違いますね。そもそもリメイクのコンセプトが、この「スターソルジャー」の場合では「あの撃ちまくりの快感を最新ハードで再現」というものでしたから、今回の場合もそのコンセプトから外れてはいけなかったのです。ですからこの「スターソルジャー」のリメイクは弾幕をかいくぐるゲームではなく、バリバリと撃ちまくれるゲームでなければゲームのアイデンティティーが失われてしまうという事ですね。

要はコンセプトに何を掲げるかだと思うのです。それは例えば「新たなファンを獲得する」なのか、それとも「かつて熱く遊んでくれたプレイヤーに新たな挑戦状を叩きつける」なのか…などですね。もし、かつてのファンを意識して引き続き遊ばせようとするのならば、どうしても新しいシステムなどは導入しにくいはずです。心変わりしやすいファンは印象が変わってしまうとすぐに離れてしまいますからね。一度「これは別モノ」という印象を抱いてしまうと、なかなか戻ってこないのがファンというものです。
ですからシリーズもので、かつ路線を変えていくのにはリスクが付きまといます。よっぽど作品のブランドが強い、たとえば「ファイナルファンタジー」のようなブランドならば路線を変更してもファンは受け入れますが、なかなかそうまで求心力のあるタイトルは少ないのが現実です。(ま、あれは最初からシステムを変え続けて現在に至っていますし…)

ゲーム雑誌を見ていると「システムはもちろん、世界観や登場人物も一新した新たな続編の登場!」なんてコピーを堂々と掲げている続編ゲームなどを目にする事があります。かつて売れた作品のタイトル名を借りてリリースする事で前作のファンも呼び込もうというわけですね。ただ、そういうゲームは「じゃあ新作として売れば?」というツッコミを入れられても仕方がないと思うのです。システムも世界観も違う、さらに言えば前作と全く共通点のない作品であれば、敢えてシリーズものにする意味はないはずですからね。「前作を知っていればニヤリと笑える」程度の要素だけならば新作で出せばいいと思うのです。
ただどうしても新作は売り上げが伸びにくいのが現状。だからこそシリーズものとして売り出すのでしょう。もちろんその中には受け入れられたソフトも多いとは思いますが、その影で「前の作品と全然違うぞ!」という声があるのを忘れないでもらいたいのです。前作の面白さを期待して買うユーザーも必ずいる事を忘れず、そしてその期待を裏切らないで欲しいのです。

なぜ面白いのか、なぜ支持されるのか。仮にも続編を名乗るのならば、このあたりを解析して理解した上で新作に反映させて欲しいと思います。もしそれを踏まえた上で全ての面において変更をするのならば上等です。それはきっとリスクを伴う事が判っていても、新境地を開こうという心意気が込められているに違いありませんからね。
しかしそのリスク、決して甘く見ないようにしてもらいたいです。昨日の記事で取り上げた「戦国キャノン」のように、新境地を開こうとして練り込みに失敗した時のリスク。これは想像以上にファンをがっかりさせるものになってしまうのですから!


続編には前作のファンからのの期待がプレッシャーとなって重くのしかかります。それを振り払えるか、受け止めるか。そのどちらかが出来た時に、初めてその作品は周りから「続編」として正当に評価されるのでしょうね。
プレッシャーに負けて押しつぶされる事のないよう、繊細な作り込みをお願いしたいところです。


テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。