ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毎日据え置き機を遊んでみて
「毎日据え置き機に1時間は触る」を合い言葉に始まった2007年。さすがにまだ年が明けてから1週間ほどしか経過していませんので、今のところはなんとかこの公約は守り続けています。
その据え置き機、毎日何を遊んでいるかといえば「ゼルダ」をプレイ中という事もあって当然Wii。毎日Wiiで「ゼルダ」を遊んでいます。おかげで今年に入ってからプレイ時間が飛躍的に伸びて、ストーリーも中盤あたりまでアッという間に突入しました。この調子を保っていければ、今月の中旬過ぎにはきっとエンディングを迎えられる事ができるでしょう。
年末の仕事が忙しかったせいもありますし、Wiiに触っても「カドゥケウス」やら「おどるワリオ」やら…といろいろなゲームをかじりながらプレイしていたせいもあって、実は去年の終わり時点でゼルダのプレイ時間はたったの6~7時間ほどしか達していませんでした。それが昨日の時点で22時間ほど経過している事になっていますから、いかに今年に入ってペースが上がっていったかがよく判ります。

今までの経験上、私にとっての据え置き機の「壁」ともいえるものが「いかに電源を入れるところまで行くか」という事に尽きていました。携帯機の方がこれだけ高性能かつ面白いソフトが出揃ってしまうと、どうしてもわざわざテレビの前に座って据え置き機の電源を入れるのが億劫になってしまうものです。たとえ面白いソフトがあると判っていても、「携帯機でも面白いゲームはあるしぃ~」などと訳の判らない事を言いつつDSのフタを開ける…そんな日々が続いてしまっていたのです。
もちろんそのおかげでこの1~2年は数多くのDSソフトに触れる機会があったわけですが、自宅でもDSをプレイしてしまうと据え置き機のゲームに触れる機会は相対的にどんどん減っていきます。去年は360を購入したりとキッカケはあったので据え置き向けソフトも何本かは遊びましたが、携帯機に比べると圧倒的にクリアした本数は少ない状態。これでゲーマーを名乗るのはさすがにおこがましいだろう…というところまでになっていたのです。

そういう反省の意味も込めて打ち立てた今年の目標、「毎日1時間は据え置き機を遊ぶ」。こうやって実践してみると…もう一旦遊び始めてしまえば、とても1時間なんかじゃ終れませんね!もちろん「ゼルダ」が面白いせいもあるのですが、やっぱり私のゲーム人生の大半は据え置き機で育まれたものですから、頭と体がまるで「この感覚が欲しかったのよ!」と言っているかのように喜んでいるのがよく判ります。
たとえ「ゼルダ」が一段落してWiiのメニュー画面に戻っても「せっかくだから何か別のを…」と言いながら、今度はゲームキューブのソフトが収納してある棚を見たり、バーチャルコンソールのソフトを選び始める始末。つまり、せっかくWiiの電源が入っているのだからキューブや他のゲームでも遊ぼうか…という気になっているのですね。

ここ1~2年は本当にDSにドップリとハマってしまっていて、正直なところ「もう据え置き機の時代じゃないのかも…」なんて思った事もありました。実際にソフトの売り上げなどを見ても据え置き機を差し置いて携帯機の方がショップのメインになっていますし、どこでも遊べるという利点は据え置き機には持ち得ない最大の魅力です。そんな点からも、そういう風に考えてしまうのも仕方がなかったのだとは思います。
しかしいざ据え置き機を遊び始めてみると、こちらの利点も捨てがたい事に気付いてしまいますね。その利点とはもちろん美しいグラフィックや音楽であり、携帯機とは比べものにならないほどのボリュームや遊び応えであり、何よりも片手間感のない真剣味とでもいいましょうか、ゲームという娯楽の為にわざわざ自宅でテレビの前に座っている…というゲームに正面から向き合っている感触。これが何よりも心地よいのです。

まぁ実のところゲームを遊ばない人にとってはこの部分こそが最も理解し難い部分だったりします。だからこそ携帯電話と同様に片手間的に遊べてしまう携帯ゲーム機の方がライト層には受け入れられやすいのでしょう。でもゲーマーであるなら据え置き機の存在の大きさも忘れてはいけないなぁ…と今回の目標を実行していて反省してしまったのです。
特に忙しい社会人になると、どこでも持ち歩けてそこそこのボリュームのソフトが遊べてしまう最近の携帯ゲーム機はかなり魅力的です。でもそこで敢えて据え置き機で遊ぶ事もしっかり意識していく事で、ゲームに対する見識をより広く持つ事が出来るのではないかと思うんですね。

まだ今年に入ってから間もないですが、無理にでも据え置き機を遊ぶ時間を作る事で、今さらこんな事に気付いてしまいました。やっぱりいろいろと遊ばないとダメだなぁ…という事ですね。


この記事に対するコメント

for spw様

やっぱり同じでしたか!電源を入れてしまえば問題ないのですが、そこまでがとにかく壁となっているんですよね~。Wiiはそこのあたりの仕掛けを上手く作っているのに好感が持てます。
PS3の「トロステーション」もそうなんですけど、今後は据え置き機も毎日触らせる為の仕掛け作りをしていかなければいけない時代になったんでしょうね。


コメント返しが遅くなった事をお詫びします。
【2007/01/12 01:48】 URL | YOH #- [ 編集]


>据え置き機の電源を入れるのが億劫
コレ、痛いほど分かります。一度電源入れてしまえばプレイし続けるのは分かってはいるのですが、なかなかそこまで行かないんですよね。

その点Wiiは凄いですね。現在年末年始の繁忙余波で、ガッツリ遊ぶ時間は取れない現在でも電源は毎日入れています。

忙しい日は天気予報だけ見て終わり、ちょっと余裕のある日は「ピクロス1面5~10分ぐらいだから、ついでに遊んでみようか」「Wiiスポーツの体力測定だけする時間はあるなあ」とか遊んでいます。

任天堂の思惑通りだなあと苦笑しつつ、毎日(少しづつですが)楽しんでおりますよ!
【2007/01/09 20:55】 URL | spw #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。