ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんな格好でも構わない自由
両手を自由なポジションに置ける。たったこれだけの事なのに、初めてそれを体験した時には感動してしまったのです。自分が今まで知らず知らずの間に拘束され、自由を奪われていたという事実を初めて思い知らされました。しかしそれはもう昔の話、今はまさにそこから解放された喜びを噛みしめる日々です。
困ったこと。それは自由を一旦体験してしまうと以前の不自由さには戻りにくいという事実。なぜ再び拘束される事を自ら選ばなければいけないのか。なぜさっきまで満喫していた自由を捨てなければいけないのか。そんな思いを引きずりながら不自由な生活に戻る自分を恨めしくも思うのです。
…これ、何の話かお分かりでしょうか。そう、これはWiiリモコンとヌンチャクの組み合わせの話。この独特の操作系の快適さに慣れてしまうと、既存のコントローラーで遊ぶのがとても窮屈に感じられてしまいます。まるで自分の体が見えない壁に両側から挟まれているような、そんな錯覚すら感じられてしまうのです。

もちろんWiiリモコンの最大の特徴を挙げるとすれば、内蔵されているセンサーを利用して直感的な動きを感知、それを遊びに反映させられるという部分に尽きるのは間違いないと思います。Wiiを解体したサイトなどを見ていても本体よりむしろリモコン側に技術を詰め込んでいる事が明らかになっていますし、何より歴代のハードの中でもこのコントローラーだけ飛び出て高価になっている事からも、このWiiリモコンへの技術注力のほどが伺えます。
しかしWiiリモコンが画期的だったのはそれだけじゃなかったんですね。ヌンチャクをつなぐ事で今までのコントローラーの形態を破壊、移動系(左手)と行動系(右手)に分ける事に成功した事、さらにこれをスタンダードスタイルとして定めた事、これも立派なWiiの功績に挙げてもいいと思うのです。両手のポジションをハードメーカーが否応なしに決めるのではなく、プレイヤーの自由に任せる事にする。大きな決断だったと思うだけに、この成功を喜ばずにはいられません。実際、快適なんですものね!

例えば頬杖を突きながらゲームが出来ます。ヌンチャクを握った左手はあくまで頬から動かさなくても、何の支障もなくゲームが出来てしまいます。また、寝転がっても問題ありません。なにせテレビに設置してあるセンサーバーが認識できる場所ならば両手をどこに置いてあったっていいんですからね。以前のコントローラーでは見る事のできなかったプレイスタイルがWiiでは実現できてしまうんです。
もちろんこれらはゲームにもよりますし、無理してそんなポーズを作りながらゲームをする必要だってありません。ただ自由な姿勢で遊べるというのは想像以上に楽なのは間違いなくて、これを体験してしまうと逆に今までなぜセパレートにしなかったのか疑問が出てしまうくらいの違和感があるんです。

よく「PS3では高画質・大容量の従来型ゲームを、Wiiでは新しい操作系の新しい遊びを」なんて意見を耳にしますが、リモコンとヌンチャクの組み合わせが「単なる」ワイヤレス・セパレートコントローラーだと気付くだけで、そんな「ゲームの差別化」的意見もあまり意味がないような気がしてきてしまいます。
従来型のゲームもWiiで問題なく出せてしまうんです。わざわざ傾きセンサーなんか使わなくてもいい、ポインティングデバイスも必要なければ使わなければいい、そんな従来型の「フツー」なゲームもWiiで出せてしまうんです。それも従来よりもっと楽でストレスのない姿勢で遊べるゲームとして出せてしまうんです。

出来る事なら今までのゲーム全てをこのリモコンとヌンチャクの組み合わせで遊んでみたいとすら思います。想像以上に画期的だったこの組み合わせ、心配しているのは今後の事です。私はバーチャルコンソールで「時のオカリナ」や「ムジュラの仮面」が配信されたらぜひ遊びたいと思っているのですが、他のシリーズならともかく、果たして「ゼルダ」をクラコンで遊ぶ事が出来るのか不安なのです。
それは両手を好きな場所に置いてプレイできる自由さを知ってしまったから。もっと楽な姿勢で遊べる事を知ってしまったから。

ちょっとした事なんですけど、改めて任天堂の提唱した新しい操作系、いや新しい操作スタイルに感動してしまったのでした。



この記事に対するコメント

for spw様

あぁ!そうでした、「右と左の両利きに対応している」…ってのを記事本文に書こうとしていたのを忘れていました!
DSもそうだったんですけど、こういうのも嬉しい配慮なんですよね~。プレイヤーの利き手も考えてくれているのが妙に嬉しかったりします。実際に(spwさんも含めて)左利きの人の喜ぶ声を私も何度も聞いてますしね!
【2006/12/16 01:15】 URL | YOH #- [ 編集]


私左利きなんですが、初プレイ時にストラップ装着の警告画面を見て、自分が左手でリモコン握っているのに気付きました。
と同時に、「そうか、利き手なんて関係ないのか!凄ぇ!」とゲーム前に感激してました(^^;)
後、ワリオは持ち手設定を左手にすると、作法棒解説が「左手版」になります。細かい気遣いに感心しました。
【2006/12/15 01:53】 URL | spw #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。