ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付かない謎を探す
知り合いが「NEWスーパーマリオ」をオールクリアしたんですね。そこでゲームの感想などを私と話し合っていたのですが、その中で少し気になった会話がありました。

「面白いんだけどさぁ、やっぱり攻略本とかが無いと、絶対に分からない部分が幾つか存在するよね…」

彼が言うには、幾つかの謎は「まず気付かない」類いの謎だと言うわけです。私が最初にクリアした時には特にそのような場所は感じませんでしたから、ちょっと気になって具体的な場所を聞いてみました。すると確かに「言われてみれば気付きにくいかな?」という場所ですが、彼の言うような「絶対に分からない」ようなものではないように感じます。そこで私も言いました。
「でも、ここに突然パタパタがいるなんて怪しいでしょ?」とか「ほら、このブロックがヒントになってるんだよ」、「こんなところにスイッチがあったら怪しく感じない?」…といった具合。そんな説明をする私を見る彼の顔は感心というよりも、少し呆れているようでした。表情からも「そんなのワカンネーよ」というような心情が伺い知れます。

このあたりはきっと経験からひらめく発想なのかもしれませんね。今までマリオシリーズを遊んでいたら「お約束」と言ってしまってもいいくらいの定番の謎解き。ゼルダやドラクエなどでもありますが、シリーズものには定番と呼べる謎解きがたいてい存在するように思えます。
マリオシリーズだと例えばこんなケース。不自然にコインが並べてあって、その近くにポンとスイッチが置いてあったら。慣れたプレイヤーなら不用意にコインは取らないんですね。「さてはスイッチを押したらコインがブロックに変わるんだな…それを足場にして進めば新たな展開が開けるんだな…きっとスイッチは時間制で戻ってしまうから、急がなきゃいけないな…」なんて事がポンポンと高速で頭の中に浮かんでくるのでしょう。今までのシリーズを遊んでいるプレイヤーなら、こういった「お約束」な謎解きへの対処がすぐに思いついてしまうんですね。
これは別にそのプレイヤーの発想がスゴいわけではなく、いつのまにか体に染み着いてしまった習性みたいなものです。動物的な勘のようなものが「このタイプの地形は、あんな謎が隠されているに違いない!!」と頭の中で叫ぶのです。こうやってゲーマーとしての、バーチャルではない本当の意味での経験値が積まれていくわけですね。

では、こういった発想は普段あまりゲームをやらない人には浮かびにくいのか?…というと、そうでもないようです。何度か繰り返しているうちに初心者プレイヤーも「ひょっとして…?」とひらめきが生まれてきたりするんですね。なんとなく匂う謎の存在に気づき、「何とか解きたい!!」と思わせ、上手に謎解きへの努力を促させるのがいいゲームの条件の1つだと思っています。
これは任天堂作品、特にゼルダあたりの調整が絶妙ですね。クリアする頃には戦闘の得手不得手はあっても、謎解きに関してはシリーズを遊んできたプレイヤーと変わらないほどの「ゼルダ的発想」が身に付いていたりします。これは謎解きの入り口をできるだけ易しく作っておき、徐々に徐々にそのレベルを上げていっているのが上手なんですね。この「徐々に」が本当に絶妙で!まさにゼルダシリーズの真骨頂だと思います。

任天堂がDS向けに展開している一連の「タッチ!ジェネレーション」シリーズの成功によって、ゲーム人口は少しずつ増えているとのことです。この「New スーパーマリオ」もダブルミリオンに達しそうな勢いがあるそうですから、確実に今までゲームにあまり触れなかった層やゲームに戻ってきた層がゆっくりと増加していると推測されます。
であるならば、そういった人たちにもぜひこのような「謎解きの快感」をたくさん味わってもらいたいですね。1つ謎が解けた時のあの「分かった!」や「やっぱりそうか!」のような快感。ストーリーを追うタイプのゲームでよくある「与えられる謎解き」だけでなく、自分から隠された謎を探してそれに立ち向かう快感を味わってもらいたいなぁ…と思うのです。きっと新たな快感に目覚められるはずですからね!


そしてさらなるゲーム人口の増加を!これは本当に心から思います。

テーマ:日記・雑記 - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

for ポカリ様
任天堂は「なんとなく」謎の存在を匂わせるのが上手です。ついいろいろと探したくなるんですよね~。
でもそんなゲームばかりやっていると、他のゲームがすごく不親切に感じてしまうから要注意です。任天堂がユーザーフレンドリー過ぎるから、他のゲームが出来なくなってしまいそうで怖いです。
【2006/07/08 01:35】 URL | YOH #- [ 編集]


for きり様
あぁ~、確かにハートのかけらは厳しかったですね…。最近の任天堂だとあんな隠し方はしないのかもしれないんですけど、あの頃の作品はまだ不親切な部分が幾つかありますね、確かに。
最近のゼルダのハートのかけらはだいたい想像が付くから楽になりました。もちろん自分が慣れただけかもしれないですけど…。
【2006/07/08 01:32】 URL | YOH #- [ 編集]


なんだか、わかる気がします。
さりげなく謎ときが出来るように、してあるんですよね(^w^)それが解けると嬉しくて…
【2006/07/07 22:14】 URL | ポカリ #- [ 編集]

ハートのかけらはわからなかった…。
ゲームをある程度やってるとわかる仕掛けもありますが、SFCゼルダのハートのかけら1つはどうしてもわかりませんでした。
結局攻略本を見てしまい…。
それは確か亀っぽいボスがいるダンジョンで、途中で外壁に出たときにミラーを使って表の世界に戻らないと行けないところ…。
他のハートのかけらなら探せば取れる!これだけは忘れないようにしよう!
と中学生のとき心に誓ったものでした(^^;
【2006/07/07 02:02】 URL | きり #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/15-7095cd5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。