ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーケード復刻ラッシュ!(前編)
ちょっとした復刻ラッシュです。コナミが「コナミ名作シューティングシリーズ」の第2弾と称して「沙羅曼蛇」「ツインビー」「パロディウス」の3シリーズをPSPに移植する事を発表しました。一方でカプコンは「ストライダー飛竜」と「天地を喰らう2」を攻略本同梱のPS1向けソフトとして発売。さらにタイトーはクラシックアーケードゲームを詰め合わせた「タイトーメモリーズ」の続編、「タイトーメモリーズ2」の上下巻の発売を発表したかと思えば、ここ最近動きがなかった「オレたちゲーセン族」から新タイトル「サンダークロス」と「トリオ・ザ・パンチ」の2作品が発表になりました。
オッサンゲーマーには嬉しいこのニュース、今日はこれらについて思う事を少し書かせていただきます。

まず…PSPのコナミシューティングの復刻は面白いですね。「沙羅曼蛇」は「ライフフォース」を含めた続編に加えて「ゼクセクス」まで収録したお得パックですし、「ツインビー」はスーパーファミコンのみの発表だった「ポップンツインビー」も収録しています。少し残念なのは「パロディウス」。これまた家庭用のみだった「実況おしゃべり」も収録しているそうで、せっかくそこまでするのなら元祖とも呼べるMSX版もして欲しかったところです。(それでも贅沢な内容なんですけどね!)
ただ根本的な問題として、やっぱり気になるのはPSPのあまりに酷過ぎる操作系でしょう。特にシューティングは全てのゲームジャンルの中でも最も微妙な操作を求められるジャンルの1つです。あのPSPの操作キーでどれほど文句なく遊ぶ事ができるのか疑問が残ってしまいます。できればナムコの「鉄拳DR」やカプコンの「クラシックスコレクション」と同様に、キー操作を補助するオプション品を付属してもらいたいところです。操作系の善し悪しはプレイヤーにとって文字通りの死活問題になりますから…!

「オレたちゲーセン族」は春に最後の作品を発表してから動きがありませんでしたが、ようやく動き出しましたね。このシリーズを発売しているハムスターの母体はコナミですから「サンダークロス」の発売は自然の流れとも言えるでしょう。なにが嬉しいかって、このシリーズはサントラCDが付いています。「サンダークロス」の音楽は本当にカッコいいので、それだけでも買う価値がありますね!ぜひ次は「A-JAX」を出してもらいたいものです。
それより!「トリオ・ザ・パンチ」の復活です!これがいかに私に希望を与えてくれた事でしょう!この「トリオ・ザ・パンチ」のゲームそのものに関してはいろいろと話題は尽きませんのでここでは省略しますが、それより私にとってはデータイースト後期のゲームがこうやって復刻してくれた事自体が素晴らしく嬉しいニュースなのです。かつてこのブログでも書いたように、「チェルノブ」や「エドワードランディー」、「ザ・グレートラグタイムショー」などゲームの復刻を心から願っていた私ですから、これで筋道が出来たわけです。もう期待せずにはいられません!

さて、今日の記事で問題にしたいのはカプコンの2作品。カプコンが過去のコンテンツに頼り切っているのは今に始まった事ではありませんが、何を思ったのか突然「ストライダー」と「天地2」の復刻を、これまたなぜかPS1用のソフトとして販売します。まぁもともとPS1用のソフトとして出ていたのだから当然といえば当然なんですが、それにしても攻略本が同梱されるとはいえ、少し疑問が残る売り方をしましたね。

「ストライダー」は本来は「1」と「2」の両方を収録した「ストライダー飛竜1&2」というタイトルで発売されていました。それを今回は「2」だけ抜きさって「1」のみを廉価版として発売するわけです。この続編を抜き去る意味が分からないんですね、私には。
「1&2」がPS1用のソフトとして発売されたのが2000年の事ですから、これだけ時間が経った作品を廉価版で出せない理由が見当たりません。確かに「2」はアーケードでもマイナータイトルで終わってしまいましたが、それは基板の出回りが悪かっただけで悪い作品だったわけではありません。なぜ今回、素直に「1&2」を廉価版で出せなかったのか?そのあたりを知りたいところです。
「天地を喰らう2」もPS1用のソフトとして1996年に発売されています。これを10年経過した今年に発売する事に対して文句はありませんが、せっかくだから家庭用未発売の「1」と同時収録してPS2向けソフトとして発売しても良かったのではないでしょうか?特に「1」に関しては未だに「家庭用での発売を!」との声が高い事で知られています。今回の復刻のチャンスを出来れば逃して欲しくなかったですね。
「1」がベルトアクションで「2」がベルト格闘と、ゲーム性は全く異なる2作品ですが、両方とも敵の出現パターンなど非常によく練られた秀作です。理想はファミコン版のRPGも収録した「天地を喰らうコレクション」なんてのを出してもらえるのが一番なのですが…理想だけを言っても仕方ありませんね。ただ本当に今回は残念でした。
(アーケード版で「1」が発売された当時よりも、現在のゲーマーの方が遥かに三国志に対しての造詣が深くなっています。だからこそ敢えて「天地」という異質な三国志のリリースに踏み切って欲しかったんですね。惜しいなぁ…。)

そんなわけで今回のカプコンの売り方には疑問を持っている私です。これで値段が安いなら文句もないのですが、PS1のソフトで2625円。カプコン独自の廉価版ブランド「カプコレ」の値段を見てもPS2やPSPの廉価版だってもっと安く、2000円程度で売られているソフトがあるにも関わらずこの値段です。攻略本が同梱とはいえ高過ぎる印象は拭えません。
ただ実はこのシリーズはタイトルに「カプコンゲームブックス」と銘打っている通り、CD同梱の書籍扱い、つまり書店で売られるものなんですね。ですから流通の関係で値段がそうなってしまったのかもしれない事は付け加えておきます。(でも…そうはいっても高いですよねぇ…)



ちょっと長くなってしまいましたので、「タイトーメモリーズ2」に関しては明日以降の記事にさせてもらいますね。実は今回の復刻の中でもこのソフトこそが本命中の大本命と言い切ってもいいタイトルです。もう語りたい事がいっぱい有り過ぎて…。

というわけで、続きます!!







この記事に対するコメント

for Phantom様

いくつかのサイトを見ている限りでは、コナミシューティングのシークレットはPSPオリジナルのリメイク作らしいですね。それが本当なら残念です…。

「カプコンジェネレーション」はいちおう5巻まで発売されたようです。でもご指摘の通り、あれはオムニバスソフトだったから許せたんですよね。そういった意味でも今回は本当に疑問が残る売り方です。
PS1のソフトを全てこの形で復刻させるというのなら、まだ判らなくはないのですが…なぜこの2本?って感じです。
【2006/10/30 23:52】 URL | YOH #- [ 編集]

やつは何者だ
いや~、熱く語ってますね(笑)

PSPの3本は、シークレットがあるらしいのでMSX版ではとの憶測も。
ゼクセクス初移植は嬉しいのですが、やはり据え置き機でやりたいですね。

飛竜、天地は確かに高いですね。
以前本付きで出してたのは、カプジェネ1~3でしたっけ?5まで出たかな?
あれは複数入ってるからまだ良かったけど、1本でその値段はあんまりですな。
【2006/10/30 04:12】 URL | phantom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/137-c7e774ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。