ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメコミ・デリバリー(10/25)
今週も何冊かアメコミが届いたので感想などを。アメコミに興味のない方を無視するようで申し訳ありません…。

・「THE AMAZING SPIDERMAN#535」
シビル・ウォー」も後半に入ってきましたが、とうとうスパイダーマンが登録制度賛成派から抜ける時が来たようです。スパイダーマンといえば現在はアイアンマンの右腕的存在で、登録制度賛成の証に全世界に向かって自分の正体がピーター・パーカーである事を明かした、言ってみれば賛成派の象徴とも呼べるような存在でした。
そんな彼がアイアンマンに反旗を翻したのは、賛成派に捉えられた否定派ヒーロー達の処遇を見てしまったのがきっかけでした。ネガティブゾーンと呼ばれる異次元の世界に作られた監獄に送り込まれた否定派のヒーロー達は、登録制度に賛成しない限りは一生この異次元の独房に幽閉され続けるのです。アメリカの法に従わなかった彼らがアメリカの法が適用されない場所に幽閉され続ける事を知り、またそれが「正義の為」と言ってはばからないアイアンマンに対してピーター(スパイダーマン)は失望し、また憤る事となるのです。
決心したピーターは妻のメリージェーンとメイおばさんを逃がし(現在の彼らはアイアンマンの会社、スタークビルに住んでいます)、とうとうアイアンマンと対決する事になります…!!
AMZSP535.jpg

こうして見ると、「シビル・ウォー」の序盤は登録制度の賛成派が圧倒的に優位な立場にいて、否定派を追いつめるような展開が続いていましたが、現在はどんどん否定派に鞍替えするヒーローが増えています。あのファンタスティック・フォーすら今や賛成派にいるのはリード・リチャーズのみとなっていますから、賛成派の没落ぶりは凄まじいものがありますね。
まぁアイアンマンの行動が行き過ぎているのは読者としてもよく判っていましたが、だんだん孤立していく姿を見ていると少しばかり同情してしまうのも確かです。昔からアイアンマンことトニー・スタークは孤独ゆえに過激な、または勝手な行動を引き起こしてきました。今回もその性格が裏目に出ていますね。ついに右腕とも決別する事になりましたが、いったい彼は今後どうするのでしょう?こうなると「アイアンマン」の本誌を購読していないのが残念でなりません。彼の視点からも見てみたいのに…。


・「CAPTAIN AMERICA#22」
こちらも「シビル・ウォー」シリーズですね。シャロンが苦しい胸の内をカウンセラーに相談します。彼女は政府の特殊武装機関「シールド」のエージェントですから、立場的には登録制度否定派を追わなければならない身です。その否定派のリーダーが彼女の恋人であるキャプテンアメリカなだけに非常に辛いわけですね。
両派が戦闘状態になっている中、2人は密かに待ち合わせます。短い逢瀬を楽しんだ後に待っているのはお互いの正義の主張。そして両者とも自分の立場を変えない事を確認してその場を別れるのです。またの再会を約束しながら…。
CAP22.jpg

キャプテンアメリカという男は文字通り「超人」です。意志も固く、正義の為に殉ずる覚悟はいつでも出来ています。しかしシャロンは人間の女性です。自分の立場は理解していますが、恋人の存在に心は揺れ動いています。あのキャップが今さら登録制度に賛成するわけがない。いったい自分は仕事と恋人とどちらを取ればいいのか…?
そんな「ロミオとジュリエット」なロマンスが盛り込まれた今回のエピソード。レッドスカルが何やら企んでいるようですが、それは次回へのお楽しみのようです。「シビル・ウォー」は密かに悪党らも暗躍していて面白いですね。


・「UNCANNY X-MEN#478」
こちらは「シビル・ウォー」とは関係なく、1年間続く(らしい)大きなシリーズ「シャイア帝国の盛衰」の4回目。未だにX-MENたちは宇宙を彷徨っています。スクラルが出てきたりしましたが、あまり大きな進展はなかったですね。ただフェニックスが来月から絡んでくるので期待はさせてくれました。
しかしこのシリーズ、まだ全容が見えてこないのでレビューのしようがありません。「ふんふん、なるほど…」と読み流しているのが現状で、もう少ししないと感想もなにも言いようがないです…。
ただサマーズ3兄弟の問題児(?)、三男のバルカンがストーリーの鍵になっているのは嬉しいところ。現在のエグゼビア教授と長男スコットの冷えきった関係を作り出した原因みたいなものでしたから、うまく展開して和解のきっかけになってもらいたいものです。それでこそ今回の宇宙行きに次男のアレックスが同行してきた意味があると思うんですけどね!サイクロプスとハボックとバルカンの3人が兄弟仲良くX-MENで活躍する姿を見られる日は来るのかなぁ…。
UNCX478-2.jpg

ちなみにこのコマを見て「あ、俺も!」と思わず口にしてしまいました。私の中ではジーン・グレイの死後、スコットの株はどんどん下がっていきます…。


他にも「INCREDHIBLE HULK」が届いているのですが、ちょっと思うところがあって次回に回します。特にハルクというキャラクターに対しては、どうしても書きたい事がありますからね。
ではでは。


テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/132-6be0c412
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。