ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビバ!「俺たちゲーセン族」!!
PS2に昔のアーケードゲーム作品を収録したソフト、その名も「俺たちゲーセン族」というシリーズがあります。これは1つのソフトに1本、古いアーケードゲームが収録されているだけなのですが、これがもう素晴らしいラインナップで!もう80~90年代のアーケードゲームファンなら涙もののタイトルが並んでいます。
現在は17タイトルまで発表されていますが、どれも「なるほど~」と唸りたくなるものばかり。とは言ってもラインナップのタイトルを見ていると、「なんであのゲームが無いの?」とついつい脳内リクエストを始めている自分に気付きます。こんな事をさせるのもラインナップが過去の自分のゲーム歴をくすぐってくるからに他ありませんね。そんな事を考えているだけで楽しくなってしまいます。

価格は2000円で、パッケージの中身はゲームが収録されているディスクの他に、ゲームプレイが収録されているDVD、ゲームミュージックCD、解説書、プレイに有効なガイドブック、当時ゲームの筐体に張られていたアーケード版説明書ともいうべき「インストラクションカード」(縮小版)、それにコレクションカード…と、全部で豪華7点セットとなっています。
最近ではこの手のソフトも珍しいものではなくなっていますが、こうやってマニア心をくすぐる様々なアイテムを付属させる方法は好感が持てますね。「1ソフトに1本のゲーム」というと大手メーカーが出しているクラシックゲームコレクションものと比べて割高感が出てしまいますが、こういったアイテムで上手に付加価値を付けていると思います。

さて通常のゲームは「説明書」なのですが、このゲームは敢えて「解説書」としています。あのアドバンスの「ファミコンミニ」シリーズもそうですが、この手のゲームを買う人というのは当然オリジナルを知っていて遊んだ人なんですね。ですから今さらこの2006年に細かい説明は不要…とでも言おうとしているのでしょうか、ゲームの遊び方についてはサラリとしか書いていません。そのかわりマニアに楽しんでもらおうとしているのか、なぜかオリジナルの基板の写真が載っていたり、当時遊んでいたゲーマーのコラムが載っていたりと、他のゲームの説明書とは違った構成になっています。
こういったこだわりは、ファンではない人には「くだらない」で終わってしまいそうなんですが、マニアにとっては本当にたまらないんですね。ディープなファンであればあるほど、細かい部分にこだわって欲しくなってしまうものなんです。ですから新しいプレイヤーにも間口を優しく開いているゲームよりも、「初心者お断り」のような雰囲気を作り出してくれているほうが嬉しくなってしまうんですね。そういう意味でもこの「俺たちゲーセン族」シリーズは素晴らしいスタンスを貫いてくれていると評価しています。

先日とうとう私も買ってしまいました。伝説の格闘ゲーム「空手道」(1984年、データイースト社)です。もうこれに関してはゲームが目的というより、ゲームミュージックCDが主な目的で2000円を払ったといっても過言ではないかもしれません。ゲームとしては音楽らしい音楽は1曲しかないのですが、当時はその1曲が本当に大好きだったんです!今まで全くCDなどにはなっておらず、私がゲームセンターの筐体のスピーカーにマイクをピッタリと取り付けて収録したテープが残っているだけでした。
たった2分にもならない曲なんですが、これがCDで聞けるなんて!ipodで聴けるなんて!もうこれを「涙モノ」と言わずに何をそう例えろと言うのでしょう。嬉しくて嬉しくて、何度も繰り返し聴いてしまいました。
どんな音楽でもそうだと思うのですが、昔に好きだった曲を時間が経ってから聞き直すと様々な思い出が蘇ってくるものですね。音楽を聴きながら私もすっかり頭の中でタイムスリップしてしまい、学生時代にこの曲の素晴らしさを友人に広めまくっていた事を思い出してしまいました。あまり今と変わっていませんけど…。

さて私もすっかりファンになってしまった、この「俺たちゲーセン族」シリーズ。これからもどんどん新しいタイトルが追加される事を願っています。もう私はCD目当てでも、ゲーム目当てでも、素晴らしいタイトルならばバリバリ買う事を宣言してしまいます!
とりあえず次は「ラビオレプス」を買います!ゲーメスト世代にはたまりませんね~!!


「新入社員とおる君」…とか出て欲しいんですけど。音楽の版権で無理かなぁ…。

テーマ:ゲーム - ジャンル:ゲーム

この記事に対するコメント

for Phantom様
私もツインスティック操作を期待していてのですが、残念ながらコントローラのボタンを上下左右に見立てた操作方法になっていました。スーパーファミコンの「リブルラブル」と一緒ですね。

「ゲーセン野郎」のラインナップにはぜひともデータイースト系を充実させてもらいたいです。「エドワードランディー」とか「ザ・グレートラグタイムショー」の移植を今こそ…!!
【2006/07/03 22:24】 URL | YOH #- [ 編集]

次は牛だ!
私、空手道やってないんですよ。やはりアナログ2本で操作するんでしょうか?

ゲーセン族は、こだわりがすごいですよね。
1タイトルで2000円は高い感じがしますけど、サントラが付いているので問題なしです。
「悪魔城ドラキュラ」、「ラビオレプス」は欲しいですね。でも、うちのPS2はCD-ROMを読んでくれないのですよ。
買っても遊べない。とほほ・・。
【2006/07/03 21:43】 URL | phantom #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gameryoh.blog72.fc2.com/tb.php/11-3ab32a08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。