ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今月のお買い物
今月はあまりブログ記事が書けなかったのでスルーしていましたが、ゲームソフト自体はいろいろと買っていたりします。で、前回に書いたのが今月の2日でしたから、それ以降に買ったものをメモ代わりにここに張っておきます。

2月のお買い物

Wii:アナザーコード:R(新品)
360:ストリートファイターIV(新品)
DS:マリオ&ルイージRPG3(新品)

DS:ゼノサーガ I・II(中古)
DS:プロジェクトハッカー(中古)
PS2:デスバイディグリーズ 鉄拳ニーナ・ウィリアムズ(中古)
PS2:スーパーロボット大戦OG外伝(中古)
PS2:ワイルドアームズV(中古)


まずは新品から。
『ストリートファイターIV』は対戦相手がいる旬な時期に遊びたいのに、未だに封を切っていない始末。『マリオ&ルイージRPG3』は女房が先に遊んでいるので私はまだ遊べませんし、『アナザーコード』はいま遊んでいる『フラジール』が終わらないと手がつけられません…。

そして積む気マンマンの中古。
『プロジェクトハッカー』は気になっていたのにスルーしていたアドベンチャーゲーム。500円で保護しました。同じく『ゼノサーガ』も500円です。この2本は来月に閉店する中古屋さんの投売りワゴンから買いました。
PS2の3本はどれも980円。『デスバイディグリーズ』は地雷の香りがしないでもないのですけど…。


さて、どれだけ遊ぶことが出来るやら。
来月もいろいろ保護するのでしょうが、まず新品を優先して遊ぶのは変わらないと思いますので積みゲーがどんどん増えていくのでした。
スポンサーサイト
されどレイトン
本当に今さらなんですが、レイトン教授シリーズの第一作目である『レイトン教授と不思議な街』が終わりました。12月くらいからゲームとゲームの合間にチョコチョコと遊んでいたので、かなりのスローペースで遊んでいたわけですが、ここにきてようやくのクリアです。


とてもストーリーが切なくてステキなゲームでした。
このゲームのキモである「ナゾ解き」については原作本である『頭の体操』から流用されているものも多くてそれほど感心するものではなかったのですが、ストーリーは実に光っていますね!時には突拍子も無い展開も見られますが、秘められた街の正体や登場人物の謎、それらがラスト周辺で一気にテンポよく明かされていくのがとても軽快かつ快感。まさに「おぉ、そうだったのか!」と感心してしまう連続でした。(ただあまりにもフィクションが過ぎるので嫌う人もいるかな…とも思いますが)

とりあえず1作目を遊んでみたわけですが、このシリーズが支持されている理由がおぼろげながら分かったような気がします。謎解きの面白さもさることながら、やはり登場人物の魅力やストーリー展開の面白さ、それを演出する不思議な世界観。これらが上手にミックスされています。

少なくとも今、私の心の中に「次の作品を今すぐにでも遊びたい!」という気持ちがある以上、このゲームは私にとってはかなり面白かった部類に入っているのだと認識しています。つくづくもっと早く遊んでおけばよかったなぁ…と反省することしきり。またも旬を逃してしまっていたことを悔やんでしまいました。



PS2活用アイテム?
PS2のゲームを集中して遊ぼう!…と決めたわけじゃないんですけど。

ワゴンセールで安売りされているのを見ると、ついつい買ってしまって気が付いたら結構な数になってしまっている我が家のPS2ソフト。そんな折にオークションでこんなものを買ってしまいました。

PS2モニタ01 PS2モニタ02

ご覧の通り、薄型PS2に取り付けるTFTモニターです。

画面のサイズは9.2インチとなかなかのもの。思い返せば初代プレイステーションの廉価版「PSone」ではソニー純正で同じようなものがあり、私も購入して出張に持って行ったりと重宝したものでした。薄型PS2では純正品はなぜか発売されず、サードパーティーの製品に頼るしかないのがナンともかんとも。
ちなみに薄型PS2でも現行機では端子の位置の問題で使用することができません。初期薄型、型番でいうとSCPH-70000のみに取り付けられる商品です。

で、実際に取り付けてみるとこんなカンジ。

PS2モニタ03 PS2モニタ04

ふむ、モニター自体が回転する仕様になっているのが嬉しいところですね。

画質は正直なところを言えば想像していたより残念な出来です。発色がいまいち良くないのと、走査線の同期関係でしょうか画面全体を薄い横線が常に通っています。少し離れて遊ぶ分には我慢できるのですが、近くでよく見ると気になってしまうレベルなのがガッカリでした。

それでも据え置き機のゲームがPCなどのすぐ横で、ちょっとした携帯機感覚で遊べるのはやっぱり嬉しいです。これで少しでもPS2の積みゲーが消化できればいいのですけど、果たしてどうなることやら。実際のところWiiや360でも積みゲーがあるんですもの、どうしてもそちらを優先させてしまいがちな私。このモニターが実際にどれほど役に立ってくれるかは私の心意気ひとつにかかっています。

PS2全盛期を任天堂一筋で過ごしてきただけに、今からPS2に注力するのはなかなか根性がいるものですね。とりあえず中古屋さんのワゴンセールで安いソフトを保護しながら活用していきたいと思っています。


なお、ちなみにお値段は約16000円。日本での流通価格より若干安く入手できました。


久しぶりに『どうぶつの森』を遊びました。


住民らの話によると、実に2週間ぶりとのこと。その間に参加し損ねたイベントがあったり化石をとり逃したりと、思い返せば後悔すること実に多数。かと言って、時計をいじるのもイヤですので草むしりをしつつ村を散策しています。

実は据え置き機に触るの自体がとても久しぶりだったりします。ここのところ忙しさがピークにあって家に帰るとロクにゲーム機も触らず終わっていた日々が続いていましたが、それももう過去のお話。ようやく今までの遅れ(?)を取り返せる!…なんて息巻いています。ずいぶん長いこと遊びたいゲームをスルーしてしまいましたが、これから1つ1つクリアしていくつもりです。


あ、でも携帯機は遊んでいましたよ!とりあえず『FFCCタイムオブエコーズ』は1周目をクリアしました。ゲームシステムは『リングオブフェイト』のほうが好きではありますが、お話がとても良かったので満足してます。

というか…なんで今回リルティ族はツボ調合が出来なくなってるんだろう?純粋に不思議です。
再プレイする価値のあるゲーム
数日ほど前から、女房が私のWiiで『ゼルダの伝説:トワイライトプリンセス』を遊んでいます。


説明するまでもなくWiiと同時発売、ロンチタイトルだったWii『ゼルダ』。女房はかなり終盤まで遊んでいたものの、ちょっと遊ばずにいた期間が長くなってしまい、結果的に放置することとなってしまいました。それから2年余り過ぎた今月になってプレイ再開しているわけです。

そんな再プレイを隣でやっていれば、ついつい目がいってしまうもの。たまに横目で覗いてみると、これがまぁ楽しそうなこと!私もクリアこそしたものの、様々な収集要素やミニゲームなどを放置したままクリアして終わりにしてしまっています。いろいろ心残りがあっただけにプレイを見ていると猛烈に遊びたい衝動に駆られてしまうのです。


いや、やっぱり『ゼルダ』はいいですよ!謎解き音やアイテム獲得音を聞いているだけで心がときめいてしまいますもの。再プレイする価値のあるゲームというのはなかなか見られませんが、そんな数少ないタイトルの1つが『ゼルダ』だと思っています。

これで遊ぶべき積みゲーがなければ私もすぐに再プレイに走ってしまうんでしょうね。うぅ、遊びたいゲームが多すぎて困ります…。
いやいやもう
みなさん、風邪には気をつけましょーね。



あー、今週は本当にツラかった…。
ゲーム生活に戻るべく
久しぶりの更新です。

今年に入ってからゲームをあまり遊べていない日々が続いているのは以前の記事にも書いたとおり。去年もこんなノリではあったのですが、今年に関しては携帯機のゲームすらロクに遊べていないのですから困りモノです。
一応はDSの『FFCCエコーズオブタイム』や『マリオルイージRPG3』も購入済みなのですがまだ遊んでいませんし、据え置き機に関しては、あれほど「早く終わらせなくちゃ!」と宣言していた『トゥームレイダー・レジェンド』も全く進まないまま放置状態。『どうぶつの森』すら毎日遊ぶことが出来ない状態が続いているのですから事の重大さがお分かりになるかと思います。

そんなわけで。
テコ入れ…というわけではないのですが、まずはさっそくDSの『FFCCエコーズオブタイム』を始めることにしました。これは面白いゲーム、かつ好きなシリーズなら少しは遊ぶ気になるだろう、という安直ながらストレートな理由です。据え置きも同様に進捗状況が宜しくなかった『トゥームレイダー・レジェンド』は再び積むことにして、とりあえずWiiの『フラジール』や『アナザーコード』から手をつけることに。ユーザーフレンドリーな国産ゲームから触れていって、ゆっくりとリハビリをしていくつもりです。


去年の後半でバタバタと走りすぎたかなぁ…と少し反省。
しばらくは国産ゲームに浸っています。買い貯めたPS2のソフトでも遊ぼうかなぁ…。
PS2ソフトを買い漁る日々
近所の小売店から少しずつPS2のソフトが減っています。


現在の主力ハードは間違いなくニンテンドーDS。小売店でもDSの売り場面積がどんどん増えている一方で、前世代の主力ハードであるPS2の売り場が相対的に少しずつ小さくなっています。

盛者必衰という言葉もありますが、さすがにかつての主力ハードの売り場が小さくなるのは見ていて少し切なくなりますね。もちろんこれは今回に限ったことではなく、ハードの世代交代が行われると必ず起こる現象なんですけど。毎度のことながら時代の変わり目を感じてしまいます。

思い返せば任天堂一筋だった私はPS系、特にPS2のゲームはほとんど遊びませんでした。気になるタイトルやシリーズ(例えば『ワイルドアームズ』シリーズや『アトリエ』シリーズなど)もあるにはありましたが、どうしても盲目的にゲームキューブのソフトを優先的に遊んでしまっていたので、ついスルーしがちだったんです。

その反動でしょうか。最近は中古ソフトでPS2のゲームを積極的に買っています。
遊びたかったシリーズや気になっていたタイトルが500円~1000円前後で売られているともうヤバいですね。何本かをセットにしてレジへまっしぐら。いつ遊ぶかは分からないけれど、とりあえず抑えておきたい。そんな気持ちが先行して、PS2のゲームを買い漁る日々です。


なんでしょう、年をとって丸くなったんでしょうかね。
昔はPS2のゲームって好きじゃなかったんですけど、今は全く問題なく受け入れられます。最近は『FF』や『テイルズ』なんかも遊びたくなってます。以前の私からは考えられませんよ、本当に!


私のささやかな祈り
ここ数週間は北は北海道、南は福岡と日本のあちこちを飛び回っていまして。

家に帰っても何だかんだとロクに据え置き機のゲームを遊ばず、ついついスカパーでアニメ特撮の鑑賞に終始したり、PCやらDSiでダウンロードした『ちょっとパネルでポン』あたりの定番ゲームに没頭してしまう日々。携帯機は旅先で『リゾード』を終らせて以来、いまいち他のゲームを遊ぶ気分になりませんでしたし、据え置き機は『トゥームレイダー・レジェンド』が中途半端な状態で積まれています。

あぁ…『どうぶつの森』すら今週はロクに遊んでいない気がする…。
毎日遊ばないと続けていくテンションが落ちるゲームなのに…。

来週から少しは落ち着きますように。
好きなゲームを好きなコンディションで遊べますように。
シンプルではなく単調
物語はなかなか。グラフィックは最高級。音楽も極上品。
でもゲーム内容がとにかく単調。ひたすら単調。「ファミコンのゲーム?」と言いたいくらい単調。
そんなゲームでした。


去年の年末に購入したDSソフト『リゾード』が終わりました。
名作文学『オズの魔法使い』をベースにしたRPGであるこの『リゾード』、雑誌でこのゲームを知って以来とても楽しみにしていたタイトルで、発売日に即買いしてしまうほど期待していたソフトだったのは以前の記事にも書いた通り。ですが…なんでしょうね、とにかく遊んでいても退屈に思えてしまえて、いまいちゲームを進める気になれませんでした。
結果的にはクリアするまで一ヶ月近くもかかっているくせに、プレイ時間を見てみると約30時間弱というお粗末さ。いかにこのゲームを遊ぶ気にならなかったかがよく分かりますね。

とにかくRPGとしては最近のゲームとは思えないくらい単調な展開なんです。
ゲームを盛り上げるイベントストーリーはほとんど存在せず、ゲーム内に一箇所しかない拠点から目的地のゴールに向かって進むのを繰り返すだけ。その姿はちょうど初代の『ウィザードリィ』を思い出していただけると分かりやすいかもしれません。
大きなイベントがないので、とにかく「戦ってるだけ」という印象ばかりが残ります。せっかく名作文学『オズの魔法使い』をベースにしているのに、仲間であるカカシやライオン、キコリのバックストーリーもほとんど語られないまま。ただひたすら戦う、戦う、戦う。それでバトルが抜群に面白ければ文句も減るのでしょうが、ほとんど属性・相性による力押しバトルが出来てしまうので戦略性もそれほど高くなく。なんとも残念なゲームシステムとなっています。

ただ冒頭にも書いた通り、グラフィックと音楽はとにかく秀逸です。
春の国で咲き乱れる桜。夏の国での白い砂浜と青い海。秋の国では鮮やかな紅葉の中を冒険し、冬の国では広大な銀白の雪原を見ることができます。そのどれもがとても美しくて、そのクオリティの高さはまるでDSという制限の多いハードの限界に挑んでいるかのよう。
また各国で流れる音楽もグラフィックに劣らず、実に素晴らしいのです。もちろんステージで流れる曲だけでなくモンスターとの戦闘やオズの城で流れる曲、ボス戦の音楽も。時には壮大に、優雅に、時には勇ましく。オープニングやエンディングで流れるボーカル入りの歌も合わせて、ぜひ多くの人に聴いてもらいたい名曲ばかりが揃っています。

際立って素晴らしい要素があるだけに、余計にマイナス要素であるゲーム部分の単調さが泣けてきます。もう少し練り直して、洗練させてくれれば良いゲームになったでしょうに。私がとても期待していたゲーム『リゾード』は、見る価値、聴く価値はあるものの、いざ遊ぼうとするとネガティブな部分が目立ってしまう、なんとも残念な作品でした。


とにかく惜しい!ひたすら惜しい!もしくはもったいない!
『リゾード』はそんなゲームだったんです。



今日のお買い物(09/02/02)
なんか最近、お買い物記事ばかり書いているような気がしますが。

『FFCCエコーズオブタイム』を買いに行くつもりが思わぬ安売りソフトに遭遇。据え置き機向けソフトを2本購入してしまいました。

090201お買い物01
Wiiの『フラジール~さよなら月の廃墟』と360の『プリンスオブペルシャ』。どちらも欲しかったソフトなだけに、5000円前後で売られていたので即決でした。


で。冒頭にも書いた通り、今年に入ってからゲームの衝動買いが暴走気味の私。
今年に入って買ったゲームだけで既に積んでいるゲームがこのようになっています。
090201お買い物02

1月だけで7本。2月にも欲しいゲームが何本かあるのに既に7本。既に今週だけでWiiの『アナザーコード』とPSPの『遠隔捜査』が欲しいのに既に7本。


もう積みゲーの神様にお願いするしかありませんね。
『つみをゆるします』って言ってくれないかなぁ…。




プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。