ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日のひとこと(07/31)
Windowsで面白そうなオンラインゲームがないか探しています。
どこで作られたのかは問いません。面白ければいいのです。

ドルアーガオンラインとか女神転生オンラインとか、あのあたりはどうなのかなぁ…。
今までMacだったせいもあり、目移りしてしまいます。
スポンサーサイト
WiiFitメニュー刷新
さすがに8ヶ月も続けているとマンネリ感でいっぱいな気持ちが強いWiiFit。有酸素運動の「ながらマラソン」あたりはいいのですが、筋肉トレーニングでは特にそんな気持ちが強くなっています。
そんなわけで9ヶ月めとなる8月を前にトレーニングメニュー全般を見直しました。もうある程度の筋トレはWiiFitのメニューから外れて独自メニューに。「ながらマラソン」だけはしっかりとWiiFitメニューとして活かす。これでしばらく続けてみます。


具体的には以下の通り。

7月までのメニュー(カッコ内は運動貯金時間)
・腕立て20回4セット(20分)
・ジャックナイフ30回3セット(12分)
・コブラのポーズ3セット(6分)
・ランジ20回3セット(12分)
・身体水平維持2分2セット(4分)
・ながらマラソン30分2セット

8月からのメニュー
非WiiFit
・腕立て20回5セット
・ジャックナイフ30回3セット
・ランジ20回3セット
WiiFit
・ながらマラソン30分2セット


一見すると、あまり変わっていないように見えるかも知れませんが…。今回の変更の最大のメリットは何よりもプレイ時間。WiiFitに従って筋トレをやっていると、どうしても時間が余計にかかってしまうんですね。実際、続けていて「自分のペースでやれば、もっと時間を短縮できるのに…」なんて事をどれほど考えたことでしょう!
今回はそんな望みをかなえるべく、割り切って筋トレをWiiFitに頼らず独自でやることにしました。これでだいぶ時間を短縮できる!それだけ他のゲームを遊ぶことができる!全てはそのためだけに今回のメニュー見直しを図ってみました。

さてさてこれでどれほど続くことやら。私としては何とか1年、つまり今年の12月までは続けていきたいのですが…。おそらく今後も少しずつ変えていかなくてはいけないんでしょうね。つくづくマンネリとの戦いは厳しいものです。

今日のひとこと(07/29)
薄曇りの空の下、地平線が見える北の大地。

そこでDSを広げて『ドラゴンクエスト5』。

ゲームの中では主人公とビアンカの結婚式が。

たぶんこの先、『ドラクエ5』の事を思い出すたびに

北の空の下で遊んだことを思い出すんだろうなぁ。



仕事中のちょっとした合間の出来事。

30℃の世界から来た人間には少し寒かったですけどね…。
今日のひとこと(07/28)
うぅ、明日からまた出張三昧の一週間が始まってしまう…。
これでまた据え置き機から離れてしまうじゃないか…!

ま、その分は『ドラゴンクエスト5』をしっかりと遊ぶことにします。
つくづく携帯機の有り難みが身に染みますね。やっぱり手放せないです。


とりあえず今週はこんな感じで更新していきます。
やっぱり一行でもいいからマメに更新したいんですよ~。
ある日突然、PS2にスポットが
ゲームショップなどに行くと、だんだんとPS2のコーナーが縮小されていく事に気づきます。まだ新作が出続けてはいますが、さすがにショップ側としても現行機であるWiiやDS、PSPの方を前面に押し出したい意図があるのでしょう。かつての勝ちハードがだんだんと目の付きにくい場所に追いやられているのは何とも切ないものですが、それも時の流れなんでしょうね。時代の節目を感じてしまう瞬間です。

こうなると血が騒いできてしまうのが私の性。「そろそろPS2のゲームを買い漁る時が来たんじゃね?」なんて気持ちがムクムクと湧いてきます。さすが勝ちハードだけあってソフトのラインナップは良作揃い。しかもプレイステーションブランドには(いいか悪いかは別にして)「ベスト版」という廉価版ソフトが山のようにあります。せっかくですもの、これを利用しない手はありません。まずは積むのを前提で、いろいろ欲しいソフトを書き出してみましょう!

…なんて事をしてみたら。これがまぁ出てくること出てくること!本当はこの記事に書き出そうとしたのですが、あまりの多さに我ながら閉口してしまいました。その数にして100本以上、ジャンルもアクションやらRPGやら格闘ゲームやら。これらのどれもが約2000円前後と、思わず「こんな値段で手に入っちゃうの?」なんて口にしてくなるものばかりです。
ベスト版などの廉価版ソフトはパッケージが若干違うなど、細かい点を挙げれば難がないわけではないのですが、ソフトの中身に変更が加わっているわけではありません。もちろん中古で正規版を買えばパッケージ共に良いものを手に入れることもできるわけですが、ここは大人という事で、メーカーに多少なりともお金が落ちる方をなるべく選ぶようにします。(ま、たいして値段も変わりませんしね!)

あ~、まずは何から買おうかなっ!最初にどのあたりから買っていこうか、ショップの棚を見ては目移りしてしまいます。どうせ積むのは分かっているのですが、それでも出来るだけ早く手をつけたくなるようなソフトがいいんでしょうね。そう、すぐにでも遊びたくなるようなソフト!
ゲームに限らず、やっぱり買い物は計画を立てている時が一番楽しいです。たとえ実際には買わないとしても、自分の部屋の棚にそれらのソフトが並んでいるのを想像するだけで充分に楽しめてしまう。そんな安上がりな私でした。



ちなみに。以前、GBAの「未購入で欲しいソフト」のリストを書き出してみた事があるのですが、その時の本数は40本程度でした。このことからもPS2が現役の時、私の眼中には任天堂ハードしか映っていなかったのかが分かりますねぇ……。
今日のひとこと(07/25)
とてもチキンな発言をします。

チュンソフト様、『風来のシレン3』の攻略本はまだですか?
ヘタレな私はそれを読みながら遊びたいんですよ!



…失礼しました。
夏のヨテー
携帯機で遊んでいた『流星のロックマン2』が終わりました。ラスボス戦の厳しさも印象的でしたが、それ以上に今回の黒幕のバックストーリーがなかなか泣かせてくれて、ゲームが終わった後もしばらく余韻に浸ってしまいました。いや、なかなかいいゲームでしたよ!

さて、次はいよいよ『ドラゴンクエスト5』!私はPS2で発売されたリメイク版を遊んでいないので、実にスーパーファミコン以来の挑戦となります。積んでいるゲームを除くと、次に遊びたいゲームは9月に発売になる『ポケモン・プラチナ』くらいですので、とりあえずはゆっくりと『ドラクエ5』に専念できそう。さすがに花嫁を変えて複数回プレイする気はありませんが、1つのデータはじっくり遊びこみます。せっかくのドラクエですものね、気が済むまで遊ぶつもりです。

今年の夏はこれと『リズム天国ゴールド』、後はチョコチョコと『ゲーム検定』やら『どうぶつの森』やらで充分でしょう。本当はPSPのソフトも何か1つくらい遊びたいのですが、さすがに手一杯。『勇者のくせになまいきだ』あたりは続編の発売も決まっているので、そろそろ遊んでおきたかったですが…もう少しだけ積んでおきます。(でも必ずやりますよ!気になってますもの!)


さぁ、『ドラクエ5』を買ってこよう!あと『ワリオランドシェイク』もね!まずはそこから。そこから私の夏のゲーム生活が始まるのです。

今日のひとこと(07/23)
Wiiウェア、『みんなのポケモン牧場』のお話。

昨日で「しょこたん」こと中川翔子さんがポケモン牧場から帰っていき、次に来たゲストが…なんとゲームフリークの増田さん!しかも公開されている映画にちなんでシェイミを連れて来ました!

いやもう『牧場』版にデフォルメされたシェイミの可愛いこと!
早く私も映画を見てもらわなくちゃ!

そんなことを考えていた36歳の夏の日でした。


ただいまリハビリ中
「据え置き機イヤイヤ病」克服のために『シレン3』を一時中断、大好きな作品の最新作『カドゥケウスNEW BLOOD』を遊んでいます。相変わらずのデリケートな操作感とドラマチックなストーリーは健在でファンとしては一安心。もちろん高難易度なのも相変わらずで、ヒーヒー言いながら遊んでいます。いや、本当に攻略しがいのあるゲームというのはいいものです!

さすがに海外での評価が高いゲームだけあって、この『NEW BLOOD』では主人公はもちろん、日本人はほとんど登場せず、舞台も基本的にはアメリカ国内のみ。日本人の私としては「日本のメーカーが作ったゲームなのに…」なんて思ったりもして少々寂しいものがありますが、国内での売り上げの悲惨さを見ると納得せざるを得ませんね。
ま、今度出るDS版『カドゥケウス2』は前作である『超執刀カドゥケウス』の正統な続編になるということですから、日本人医師の活躍はそちらの方に期待しておきましょう。別に『NEW BLOOD』の主人公2人に不満があるわけではありませんし、こちらはこちらで独自の世界観を構築していて好感が持てます。まだ物語の全貌が見えたわけではないものの、ストーリーの核心となる部分もかなり重厚そう。毎日3~4エピソードをこなしていますが、ワクワクしながらこの世界観を満喫しています。

ストーリーといい、ゲーム性といい、やっぱりこのシリーズはいいですね~!あとはこれで「据え置き機イヤイヤ病」が治ってくれればいいのですけれど。もうすぐ『ワリオランドシェイク』も出ますし、早くこの病気が治ってもらいたいものです。

あ、そろそろ360あたりも少し触っておこうかな…。
アジア系家具が好きですから
アメリカの家電見本市E3において任天堂の関係者向けカンファレンスが行われましたが、その質疑応答の中で面白い発言がありましたね。以下は海外ニュースを中心としたゲームサイト、Game*Sparkさんの記事からの転載です。

Q. Wii版のどうぶつの森City Folkは、DS版からデータをやり取りできるんでしょうか?

A. はい。引越し機能を使って、DSで集めたアイテムはすべてのそのまま、自分のキャラクターをWiiに持ってこられます。
その上、もし自宅にWi-Fiがなくても、Wiiのキャラクターデータを一旦DSに入れて、友達の家のWiiに遊びに行くことができます。日本ではホットスポット(DSステーション)を使って、新しいアイテムをDSで受信してから、Wiiへダウンロードすることも可能になります。



あぁ、これは素直に嬉しい!だって、DS版での家具収集の苦労が報われるんですもの!ゲーム冒頭から好みの家具に囲まれている状況については賛否両論あるかと思いますが、私なんかはどうせ狙っている家具が決まっているだけに、今回の粋な措置を好意的に受け止めています。
さすがに虫や魚、化石などの美術館系のものを継続させるのは無理でしょうし、そこまでしてしまうと村を散策する楽しみも失ってしまうというもの。家具くらいに抑えてくれるのが、ちょうどいいんでしょうね。もちろん新たな家具も追加されているでしょうから、そちらにも注目はしていますが、まずは使い慣れた家具に囲まれて暮らしたいと思っています。


…というわけで再開してしまいました『おいでよ どうぶつの森』。「引っ越しシステムを使ってデータを継承」ということは貯金も継承されるのでしょうか?久しぶりに再開してみたら利息だけでスゴい金額になっていましたが…。
これだけあれば間違いなく最初に背負わされるであろう借金もすぐに返せちゃいますよ!ゲームバランスとして大丈夫なんでしょうかね?ちょっと心配になったりもしています。

ちなみに再開したら、いきなりサメが釣れました。ちょっと嬉しかったです。
感謝の光に包まれるのはいつ?
いよいよ明日は今年のポケモン映画『ギラティナと氷空の花束シェイミ』の公開日です。


私はといえば既に前売り券も買ってありますし、今年のプレゼントポケモンであるレベル100のレジギガスも入手済み。あとは映画館に行ってシェイミの配信を受けるのみです。
去年のダークライもそうでしたが、やっぱり映画館で配信を受けられるって本当に画期的ですしドキドキ感もかなりのものですね。あの映画が始まる前の薄暗い館内で、自分のDSにレアポケモンがやってくる瞬間の嬉しさといったら!「ここでしか受け取れない」という実感があって、玩具店などで受け取るより希少性を感じさせてくれるんです。本当にいい仕掛けを考えたものだと感心してしまいますね!

まぁ本当はDS発売当初の構想にあったような『映画のとあるシーンと連動してポケモンをリアルタイムで配信』…なんてのが一番の理想なんでしょうが、さすがにそれですと何らかのミスで配信を受けられなかった人を出してしまうケースも想定できますから、安全性などを考えると空き時間の間に配信をしてしまうのが一番なのでしょう。
さ、あとはいつ観にいくかを検討するのみ!8月に入ってからにしようか、それとも今月中に観にいってしまおうか。息子や女房と相談しながらシェイミを入手するのを今から楽しみにしています!




でも本当に観たいのは『ポニョ』の方だったりして。
あの口のとがり具合が何とも赤子っぽくて、たまらなく可愛いです。
観たいなぁ、ポニョ。
買い控えモード突入
そりゃ言いましたよ、「近いうちにPS3を買います」って。

でも先日行われたアメリカの家電展示会E3で「HDD80GBでお値段据え置き」なんて新バージョンを発表されちゃった日には。いつ買えばいいのか分からなくなっちゃうじゃないですか!
おそらくこれに同梱されるコントローラーは振動機能が付いている最新のものでしょう。これこそ大容量HDDで振動つき…と、まさに私が欲しかったタイプのPS3。こんな報道を耳にしては、おいそれと買うわけにはいかなくなってしまいます。「欲しい時が買い時」というのをモットーにしている私ではありますが、ちょっと買い控えモードに入ってしまいました。

X-box360もそうなんですが、ハードに複数のバージョンがあるものを買うときはタイミングがあります。ひょっとしたら近いうちに新しくてお得なバージョンが発売になるかもしれない…なんて考えると、急いで買うのが少し怖くなってしまうんですね。
特に今回のように大きな展示会があった時には要注意。今回の新バージョンPS3は現時点では北米のみとの事ですが、いつ日本でも発売になるか分かりません。現時点で日本で売られているPS3は40GBバージョンのみですが、(SCEさんのやる事ですから)その状態がいつ覆ってもおかしくないんです。

さすがにPS2との互換があるバージョンが復活するとは今のところは思えませんが、これだって本当は可能性は捨てきれないわけで。いろんな意味で本当に買うのに勇気のいるハード、それがPS3なんです。

いや、本当にいつ買えばいいんだか…。
間に合いませんでした
頑張ったんですけど…やっぱりダメでしたねぇ…。

いえ、明日はいよいよDS版『ドラゴンクエスト5』の発売日なんですが、私の当初の計画では今頃は『流星のロックマン2』をクリアしていて、後はドラクエの発売日を待つだけ…という状態のはずでした。ところが日々の忙しさや他のやりたい事に負けてしまい、ついつい『ロックマン』の進行が疎かに。一応、ストーリーを見る限りではクライマックスも近そうなのですが、結果的にはドラクエの発売日まで間に合いませんでした。

本当は発売日からすぐ遊びたかったのですけど…。まぁ、いいです。なにせ『流星2』もなかなかの内容ですもの、急いで終らせて後で後悔するよりも、じっくり味わいながらプレイしたほうがいいに決まっています。さすがにやり込み要素まで突き詰めるつもりはありませんが、せめてエンディングくらいまではじっくりと遊びたいものです。

そう思えるほど、今作では前作で見られたような主人公のネガティブさが薄れていて、実に私好みのゲーム内容に仕上がっています。やっぱり子供が頑張る物語はいいなぁ…。ついつい熱くなってしまいます。
乗り換えるわけじゃないけれど
乗り換えるわけじゃない。
長年使い続けてきた愛着もあるし、知識も経験も豊富に蓄えています。



でも。

でも。

とうとうMacとWindowsを併用することを決めました。
ひょっとしたら今後はWindowsにシフトしていくかもしれません。

だって使いたかったんですもん。いくつか気になるPCゲームがあるんですもん。
あぁ!やっと今まで「Windowsだから遊べないや…」と諦めていたゲームが遊べる!

それだけで今は満足です。さぁ、また勉強しなおしだ!
とりあえずCディスク、Dディスクってなんだろう…?
据え置き機リハビリ中
ダメだ!本格的に「据え置き機イヤイヤ病」に感染してしまっている!
長いゲーム歴でもここまでヒドいのは初めてだ!


あれほど「クリアまでは頑張ろう!」なんて言っていた『シレン3』にも集中できず、されど他のゲームにも夢中になれず。一体どうしたものか、どのゲームでも30分ほど遊ぶと気持ちの中に「もういいんじゃない?」という感情が産まれてきて、それがムクムクと拡がっていきます。Wiiでもダメ、360でもダメ。もちろんPS2でもダメです。一時間もしないで「飽き」という名のモンスターが襲ってきます。
不思議なもので、携帯機ではそういった症状は出ていないのです。現在プレイ中の『流星のロックマン2』を見ても、(もちろん面白いせいもありますが)飽きる気配は微塵も出ていません。こと携帯機に関しては飽きが来るどころか、次のゲームに移行する時も「もっと遊びたいのに勿体ない…」と後ろ髪を引かれる思いで移行しているような状況なんです。

こうなったらリハビリをしないと。何か簡単なものか、それか一度クリアしたゲーム。そのあたりを遊んで据え置き機を遊ぶ癖をまた体に染み込ませるしかありません。そうですね、今の積んでいるゲームやクリアしたゲームの中から選ぶなら『ロボット大戦』のような版権ものや『Wiiゼルダ・トワイライトプリンセス』あたりを遊んでみましょうか。
何はともあれ、とりあえず動かないと停滞がこのまま続きそう。それを避けるためにも何かしらの据え置き機向けゲームに手をつけるつもりです。


『カドゥケウス NEW BLOOD』やっちゃおうかな…。
聞こえてくるPS3の足音
いよいよと言いますか、ようやくと言いますか。私、PS3を買う気になってきました。


今まで何度か「買おうかな~」なんて衝動が心をよぎってはいましたが、ここにきてようやく気持ちの整理が出来たようです。おそらく近いうちにPS3を買います。この「近いうち」というのがミソで、今すぐ…というわけではないのが、何ともかんとも。でも『アフリカ』が発売される8月くらいには購入したいと思っています。

実のところ、ここで私に「買うぞ!」という気持ちにさせてくれたゲームは実は『アフリカ』ではありませんでした。では私の心の購買欲を刺激したのは何なのか?それはあの名作『アクアノートの休日』の純然たる続編タイトル『AQUANAUT'S HOLIDAY~隠された記録~』。これこそが私に「PS3を買わねば!」と決心させてくれた類い稀なるゲームです。
広い海洋に潜って様々な魚たちと戯れつつ、その世界に隠された謎を解き明かす…という内容のこのゲーム。ぶっちゃけ、コンセプトは昨年に任天堂が発売した『FOREVER BLUE』に近いものがあります。ただ、あちらをプレイした当時に感じた「こういうゲームこそハイデフ対応機で出すべきなんじゃない?」という小さな不満がここでようやく解消されるのです。美しいグラフィックで再現された海中世界を自由に泳ぎまわれる快感…とにかくそれが体験したくて!もうそれだけでPS3を買わずにはいられなくなってしまったのでした。

『アフリカ』もそうなのですが、私としてはどうせハイデフ対応機でやるなら美しいグラフィックが堪能できるゲームをやりたいんです。それも仮想世界や戦場などではなく、実際にある風景をCGで再現したもの。そういうゲームを楽しみたくて今回はPS3を買うことに決めました。
そんなわけで『アフリカ』とこの『AQUANAUT'S HOLIDAY』、それにダウンロードコンテンツで発売されている庭&盆栽シュミレーション『四季庭』。私にはこの3タイトルさえ遊べるなら40000円は払う価値があります。もちろんハードを買うからには他に遊びたいゲームは出てくるのでしょうが(特に『まいにちいっしょ』!)、とりあえず今はこの3つ。このためにPS3を近いうちに買います。

つい最近でもファームアップ時の不具合が発見されたり、未だサードパーティーの動向が見えにくかったり…といろいろネガティブな面も目立つPS3ではありますが、そんなものは今までのゲーム歴で何度も体験してきた事。別に大きな問題ではありません。
大事なのは「自分の好きなタイプのゲームが発売されるか」のみ。今回はそういうゲームが出揃ったので買う決意をしました。


さてさて本当に買うのはいつなのでしょう?自分でもドキドキしております。

大台に突入した日
発売から8ヶ月目に突入、とうとうWiiFitの運動貯金が大台に突入しました!

100時間突破

頑張った。超頑張った!これからも続けてはいきますが、まずは大台に突入するまで続けた自分を誉めてあげたい。最近は筋トレと有酸素運動の「ながらジョギング」しかやっていませんが、それで毎日90分程度の運動が続いているのですから充分です。

惜しむらくは100時間を突破しても何一つウィーボ君に誉められなかったことでしょうか。40時間を越えた時は運動貯金の貯金箱が金色に変わるなど多少なりとも変化がありましたが、今回の大台突破を迎えても何もイベントが起きませんでした。

冷たいなぁ、ウィーボ君。ま、この先も長い付き合いになるでしょう。宜しくお願いしますよWiiFit!
帰ってきたロックマン
ここにきて『ロックマン』の新作、『9』が発表になりましたね!Wiiのダウンロードコンテンツ、Wiiウェアによる供給で、なんとファミコンベースでの制作になるとのこと。今週の「ファミ通」やプレスリリースに掲載されている画面写真を見ても、まさにファミコンの『ロックマン』そのもの。う~ん、これは嬉しい。凄いぞ、カプコン!

このようなファミコンベースのゲームはWiiウェアのサービスが発表された当初から予測はされていましたが、まさか任天堂より先にカプコンが行うというのが驚きでした。往々にしてこういうものは、まずはファーストである任天堂が行って、サードパーティーがそれに追従する形で行われてきましたからね。
しかし今回はサード主導です。もちろんファンですから『ロックマン』の新作が発売されることも嬉しいのですが、それ以上にサードパーティーがこうやって様々な形で積極的に新サービスに参加していくのが見ていて頼もしく感じます。まあカプコンの思惑として、昨今の高騰を続ける携帯アプリ向けソフトの開発費よりファミコンベースの方が金額的にも抑えやすい…というのは何となく見え隠れしてはいますが、それでも今後も他のサードパーティーの参加を期待していきたいですね。リアルタイムでファミコンを遊んだ世代としては、この時代にファミコンの新作が遊べるのが嬉しいんですもの!


さてさて。こうなると期待したくなるのは上にも書いたように他のメーカーの展開。例えばコナミの『悪魔城ドラキュラ』の新作をファミコンベースで…など様々な続編展開は簡単に思いつくのですが、私としてはそれ以上にセガに期待したいです。かつてはハードメーカーであり、ファーストパーティーとして名高いソフトを排出し続けてきたセガ。確かに今は分社化されてスタッフも散り散りになってはいますが、きっとメガドライブやマスターシステムでもう一度ゲームを作ってみたいという人がいると思うのです。
そういった心意気を汲むチャンスが出てきたと思うのです。セガハードだけじゃありませんね。MSXやPCエンジンをベースにしたソフトを敢えて今、この時代に作りたいと思っている思っている人々。そういう人への間口にWiiウェアを活用してもらいたいと思います。

任天堂への要望としては、この流れを一過性のものにしないで欲しいですね。Wiiウェアの中でもこのような過去のハードをベースとしたタイトルには何らかの名称を付けて新作Wiiウェアソフトとは別の枠を作って欲しいです。
これらのソフトが今の若い人に受け入れられるかと尋ねられれば、正直なところ厳しいと答えざるを得ません。しかしWiiユーザーの中に確実にいる懐古層、オールドゲーマーに対してしっかりアピールできれば、ある程度の売り上げは必ず見込めるはず。この新作『ロックマン』が受け入れられて、ちょっとした波がゲーム業界に起きてくれればこれほど嬉しいことはありません。


今の心配事はWiiポイントがどれくらいになるかですね。私としては2000ポイントでも惜しくはありませんが、果たしてどれくらいが市場価格として適正なのか。そのあたりも注目していますよ!



中途半端はいけません
『ソウルキャリバー レジェンド』
『テストドライブ アンリミテッド』
『お姉チャンバラvorteX』
『ワイルドアームズ3』
そして『風来のシレン3』。

最近どうも据え置き機のゲームを、少しかじっては別のゲームに…というのを繰り返しています。別に遊んでいるゲームがつまらないのではなく、単に他のゲームが遊びたくなって手を出してしまう。要するに1つのゲームに対する集中力が続かなくなっているのです。
せめて『オプーナ』などのように購入したまま積んであるならまだしも、少しプレイして途中のままというのはあまりに中途半端すぎます。確かに今年の春過ぎあたりから据え置き機に割く時間が作りにくいのが現状ではありますが、だからこそ本来ならしっかり1つのゲームに集中しなければならないはず。とても良くない状態と言っていいでしょう。

そして今、新たに『カドゥケウスNEW BLOOD』,を購入してしまいました。現在プレイ中である『シレン3』を中座して、こちらに手を出したい気持ちで既にいっぱいになってしまっています。
これではいかん!さすがにもう挫折ゲームを産み出すわけにはいきません!とりあえず『シレン3』はなんとしてでもクリアしよう。おそらく次に遊ぶゲームは『ワリオランド シェイク』なんでしょうが、それが終わったら今まで投げ出したゲームを消化していかなければ!

今まではゲームを途中で投げ出すという事をしてこなかっただけに、最近の連続投げ出しに我ながら不安を感じてしまいました。携帯機ではそういう現象がまだ見られていないのが、せめてもの救いでしょうか。
そういえば「『忙しい』を言い訳にするようになったら終わりだな」なんてセリフを何かの漫画で読みました。いや全くその通り。「忙しい」をお題目のように唱えて、好きなはずのゲームから逃げてはいけませんね。ちょっと反省してしまいました。


よし、とりあえず『シレン3』を頑張ろう…!
風邪と体重とWiifit
久しぶりにビッグな風邪をひきました。

職場にいる時から前兆は感じていたので急いで帰宅するも、自宅直前あたりで高熱が発動。もう喉が痛くて頭はクラクラして目は回って。熱を計る気力も湧かず、とりあえず栄養を取ってノド薬を塗ってベッドに潜り込みます。
この日ばかりはゲームもWiifitも全てお休み。私のポリシーとして「風邪と傷は栄養と睡眠で治す」というのがありますので、基本的には布団から動かず、食べては寝る→食べては寝る…を繰り返します。

おかげですっかり完治したのですが、残ったのは当然のように増えた体重。これを戻すために、またWiifitに精を出さなければなりません。せっかくだから布団の中でDSくらい遊べば良かったなぁ…なんて後悔をしながら今日もWiifitに励む私でした。

ゲームバトン
ブログ仲間のコリエさんから回ってきたバトンです。質問に答えたい事が多過ぎて書き上げるのに3日もかかってしまいました。やっぱりゲームを語るのは楽しいです。


●初級編●
○あなたのゲーム歴を教えて下さい
1977年に任天堂から発売された「TVゲーム15」が我が家に来たのがファーストコンタクト。さらに78年にコロコロコミックで掲載された「ゲームセンターあらし(読み切り編)」との遭遇、同年の「スペースインベーダー」登場…と、日本におけるゲーム黎明期をリアルタイムで体験してゲームにハマったまま現在に至る。

○あなたの一日のゲーム時間を教えて下さい。
携帯機が2時間くらい。据え置き機は1時間前後。

○あなたの好きなゲームのジャンルを教えて下さい
キャラクターもののアクションは2D、3Dを問わず全般的に好きですね。特に児童向けゲームを好む傾向が高いです。「少年少女の大冒険もの」なんて世界観ですとジャンルを越えて楽しめます。

○以下のゲーム機で持っていて好きなゲームをそれぞれ3つまであげて下さい。
たった3つですか…んじゃ、思い浮かぶままに。長くなりますよ!


【ファミコン】
・『バベルの塔』(ナムコ)
・『悪魔城ドラキュラ』(コナミ)
・『新・鬼ヶ島』(任天堂)
『バベル』はファミコンの購入動機となった記念すべきソフト。今でも携帯アプリで遊んでます。『ドラキュラ』もディスクシステム購入動機のゲーム。死神との死闘はいい思い出ですね。『鬼ヶ島』はコマンドアドベンチャーの偏見をきれいに取り除いてくれました。世界観が大好き!

【スーパーファミコン】
・『スーパーマリオワールド』(任天堂)
・『ゼルダの伝説~神々のトライフォース』(任天堂)
・『マーヴェラス』(任天堂)
任天堂から大好きなソフトを3本。スーパーファミコンは好きなゲームが多過ぎて書き切れません。

【ニンテンドー64】
・『スーパーマリオ64』(任天堂)
・『ゼルダの伝説~時のオカリナ』(任天堂)
・『007ゴールデンアイ』(任天堂)
これまた任天堂から好きなソフトを3本。『ゴールデンアイ』は私の初FPS。友達と夜が明けるまで対戦に明け暮れてました。続編的存在の『パーフェクトダーク』も良かったですね。『マリオ』と『ゼルダ』は鉄板中の鉄板ソフト。これを遊ぶためだけに64を買ってもいいと豪語できます。

【ゲームキューブ】
・『ピクミン』(任天堂)
・『ゼルダの伝説~風のタクト』(任天堂)
・『大乱闘スマッシュブラザーズDX』(任天堂)
まぁ、私にとっては任天堂のソフトを遊ぶために存在したようなハードでした。『動物番長』や『ギフトピア』、『ちびロボ!』なんかも面白かったですね。前衛的なアクションゲームが多かったのが印象的です。

【Wii】
・『WiiFit』(任天堂)
・『スーパーマリオギャラクシー』(任天堂)
・『ゼルダの伝説~トワイライトプリンセス』(任天堂)
現役ハードですから語ることも少ないですが…。まさか『WiiFit』とここまで長い付き合いになるとは思いませんでした。いろんな意味でスゴいハードです。

【ゲームボーイ・ゲームボーイカラー】
・『ドラキュラ伝説』(コナミ)
・『風来のシレン~月影村の怪物』(チュンソフト)
・『ポケットモンスター』(任天堂)
『ドラキュラ』はゲームボーイの購入動機となったゲーム。携帯機とは思えない音楽に戦慄しました。『シレン』はこれが初プレイでしたね。これ以降に遊ぶ『シレン』がまさかWiiになるとは…。『ポケモン』は今さら言うまでもないですね。そういえば新婚旅行で行ったスペインのホテル内で女房は『シレン』、私は『ポケモン』をそれぞれ遊んでいましたっけ…。

【ゲームボーイアドバンス】
・『ロックマンエグゼ』シリーズ(カプコン)
・『ポケットモンスター ルビー&サファイア』(任天堂)
・『リズム天国』(任天堂)
『エグゼ』は熱血少年物語の王道といった感じで大好きです。クリア後の鬼のような敵の強さも『ロックマン』らしくて好感が持てます。『ポケモンR&S』は最もプレイに時間を割いたソフト。まさに時間泥棒です。『リズム天国』は上手になると画面を見なくてもクリアできる稀なゲーム。続編が楽しみです。

【ニンテンドーDS】
・『キャッチ!タッチ!ヨッシー』(任天堂)
・『超執刀カドゥケウス』(アトラス)
・『ゼルダの伝説~夢幻の砂時計』(任天堂)
Wii同様、これも現行機なので暫定的に3つ挙げました。『ヨッシー』はとてもファミコンライクなゲーム性を持った中毒性の高いゲーム。このゲームをこの時代に出した事を評価したいです。『カドゥケウス』は洗練されたストーリーとゲーム性がたまりません。DSを持っているなら一度は遊ぶべきだと思います。DS『ゼルダ』はまさに新時代の『ゼルダ』。タッチパネルを上手に使っています。

【プレイステーション】
・『ポポロクロイス物語』(SCE)
・『どこでもいっしょ』(SCE)
・『ドラゴンクエスト7』(エニックス)
『ポポロ』はイラストに惚れました。往年の名作アニメ「とんがり帽子のメモル」を彷彿とさせるイラストは私にとってはストライクすぎましたね。『どこいつ』も忘れられないゲーム。昨年PSP版も遊びましたがオリジナルにはとても及ばない内容で残念極まりなかったです。『ドラクエ7』も思い出深いですね。登場キャラの中ではキーファがとても印象に残っています。

【プレイステーション2】
・『ワンダと巨像』(SCE)
・『サルゲッチュ2』(SCE)
・『ドラゴンクエスト8』(スクウェアエニックス)
どれも昨年遊んだものばかりです。あまりPS2は遊びませんでしたから…。挑戦してみたいタイトルは結構あるので、そろそろ「PS2強化月間」を作って集中的に遊んでみたいです。

【プレイステーション3】
持っていないのでスルーします。

【プレイステーションポータブル】
・『JETでGO!ポータブル』(タイトー)
・『ウルトラマン ファイティングエヴォリューション0』(バンダイ)
・『鉄拳DARK RESURRECTION』(ナムコ)
PSPというのは悪いハードではないのですが、どうもオリジナルに比べて見劣りするような移植作品が多いのが難点です。そんな中で選んだのがこの3つ。『鉄拳』は据え置き機で遊びたかったですね。今は『JETでGO!』しか遊んでいないです。

【XBox】
・『HALO』(マイクロソフト)
・『ジェットセットラジオ フューチャー』(セガ)
・『クリムゾンスカイ』(マイクロソフト)
『HALO』はFPS初心者にも優しい作りで遊んでいて感心してしまいました。ただこれに慣れると他のFPSがとても不親切に感じてしまうのが難点です…。『JSRフューチャー』はオリジナルであるドリームキャスト版より遥かに面白い出来でした。滑りながらグラフィティを描く快感はやみつきになります。『クリムゾンスカイ』もとても好きなゲーム。最新の技術で古くささを上手に出しています。音楽が最高なんですよね~!

【XBox360】
・『カメオ』(マイクロソフト)
・『あつまれ!ピニャータ』(マイクロソフト)
・『ビューティフル塊魂』(バンダイナムコ)
殺伐としたゲームが多い360ですが、私好みのゲームもしっかりあります。『カメオ』はレア社の良質アクション。私はこれがやりたくて360を買いました。『ピニャータ』も同様のレア社製。箱庭をいじって様々な動物を呼び込むシステムが秀逸です。そして国内メーカーからは『塊魂』。ダウンロードコンテンツさえパッケージに含まれていれば最高のゲームなんですけど…。

【PCエンジン】
・『天外魔境2卍丸』(ハドソン)
・『スーパーダライアス』(NECアベニュー)
・『ビックリマン大事界』(ハドソン)
あえてCDロムの中から思い出深い3本を。『卍丸』は当時では最強クラスのボリュームを誇っていました。中ボスがどれも印象的で、「右のガーニン」や「デデベ」あたりはトラウマになりそうなくらい強かったですね。『ダライアス』はとにかく全てのゾーンで違うボスが用意されているのに感動しました!ぜひ3画面でやりたかったです。『ビックリマン』はマニアのためのデータベースソフト。私はこれがやりたくてCDロムセットを買いましたよ!

【セガサターン】
・『七ツ風の島物語』(セガ)
・『ダライアス外伝』(タイトー)
・『メタルブラック』(タイトー)
『七ツ風』はまさに雰囲気を楽しむゲーム。よくあそこまで不思議な空気を表現できたと今でも感動します。『外伝』と『メタルブラック』はアーケード完全移植といってもいいほどの内容。とくに『外伝』なんかは私はこれで練習してアーケードで無事にマンボウを倒すことが出来ました。家庭用ハードがアーケードに追いついたのを実感した瞬間ですね。

【ドリームキャスト】
・『スペースチャンネル5』(セガ)
・『ジェットセットラジオ』(セガ)
・『クレイジータクシー』(セガ)
セガから3本選びました。『チャンネル5』は続編の『2』よりもオリジナルであるこちらの方が素晴らしい出来だと思います。主人公「うらら」のキャラ立ちっぷりが見事です。『JSR』を初めて見た衝撃は未だに忘れようがありません。トゥーンレンダリングを初めて採用したゲームだったのですが、もう見た瞬間に鳥肌が立ちました。『クレイジータクシー』は今でも引っぱり出しては遊んでいます。音楽といい、そのハジけた内容といい、本当によくできたゲームだと思います。

○好きなゲーム会社(制作/販売どちらでも可)
言わずもがな任天堂が一番好きですね。

○現在注目しているゲーム、又は会社を教えて下さい。
ゲームはありすぎて書き切れません。注目している会社はSCE。いろいろな意味でドキドキしています。

●上級編●
○他人がしらないような隠れた名作(迷作)を教えて下さい。
『医は算術なり』
25年以上前にシャープのパソコンMZ-80Bで遊んだ、カタカナのみで構成された謎のアドベンチャーゲーム。とにかくランダム要素が強くて、遊ぶたびにストーリー展開がコロコロと転がりまわります。ちなみにこの記事を書くために「医は算術なり MZ-80B」でググってみたら17件だけヒットしました。どうやらハドソンの黎明期のソフトらしいです。

○ゲームをする際の癖を教えて下さい。
特にありません。

○ゲームをプレイする際の必需品があれば教えて下さい。
飲み物必須。ここ2年くらいはペプシNEXが常に手の届く場所にあります。

○ゲームをプレイする際の理想環境は何ですか?
次の予定を考えなくていい状態が理想。「あと何十分後にあれをやらなきゃ」とか「明日の仕事は…」なんて考えなくていい状態で遊べるのが最高ですね。

○ゲームプレイを他人に見られるのは好きですか?
ゲームによります。青臭いストーリーが語られてる時はなるべく見られたくないですね。

○他人のゲームプレイを見るのは好きですか?
好き。特にアーケードにおいては重要です。

○最後に次に回す人を複数人指定して下さい
ごめんなさい、今回はちょっとパスさせて下さい。




あ~、長かったけど楽しかった!コリエさん、ありがとうございました!



プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。