ゲーマー徒然草
ゲームばっかりやってるおっさんの日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの物欲衝動
ちっちゃいノートパソコンが欲しいなぁと。

出張先でビジネスホテルに泊まる機会が多いのですが、最近ではほとんどのホテルの部屋で高速LANが利用できます。そんな環境を見ると「あぁ、小さなノートパソコンでもあればなぁ」と思ってしまうのです。もしPCさえあれば毎日閲覧しているブログやニュースサイトがチェックできるでしょうし、自分のブログの更新だって出来るでしょう。また私は普段はMacを使っているのですが、そろそろWindowsにも慣れておきたいという別の事情もあります。そういった意味でもノートパソコンが欲しかったりするのです。

そんな時にあるニュースサイトで見たパソコンがこれ。hp社ことヒューレット・パッカード社の小さな小さなパソコンです。
HP 2133 Mini-Note PC
小さいくせにフルスペック。フルスペックのくせにお値段は6万円から。キーボードも大きくて使いやすそう。ん~、なんてステキなんでしょう!
やっぱり日本人だからでしょうか、「小さくて高性能」というキーワードに激しく魅力を感じてしまいます。アップル社の超薄型Mac、「Macbook air」ほど薄くはありませんが、それ以上に光り輝いて見えるお値段と存在感。こういうノートパソコンが欲しかったんですよね~!


ま、実際のところはあまり使い道はないのかもしれませんが、やっぱり「あれば便利」というのが大きいのも事実。久しぶりに物欲を激しく揺さぶられてしまいました。この夏は密かにPS3を買う計画を立てていたのですが…案外、こちらを買ってしまいそうで怖いです。

なにせヨドバシのポイントも2万以上貯まっていますしね!さぁどうする!?
スポンサーサイト
例えばこんなDSの使い方
ITmediaさんのゲームニュースにこんな記事が。

ニンテンドーDS活用拡充――「ニンテンドースポット」実験サービス、マクドナルドとつくばエクスプレスで開始

『任天堂は、ニンテンドーDSの新たな利用シーン創出のため、一部のマクドナルド店舗とつくばエクスプレス車内と駅構内において、ニンテンドースポット専用ブラウザーソフト「ニンテンドースポットビューア」を、無線通信機能により無償配布する。』



同様の記事はインプレスさんのゲームニュースにも掲載されていました。
任天堂、DS向けコンテンツ配信サービス「ニンテンドースポット」実験サービスを開始


記事を要約すると、指定の場所でDSを起動するとトップメニューにある「ダウンロード」の項目に「ニンテンドースポットビューアー」が追加されていて、それをダウンロードする事で様々な情報サービスやゲームの体験版をダウンロードできるようになるというコト。
例えば今回の実験場所の1つであるマクドナルドでは、このビューアーを使う事で「マクドナルドニュース」なる専用サイトを閲覧できるようになります。また秋葉原からつくば市を結ぶ鉄道、つくばエクスプレスの車内ではニュースやお天気など一般情報が見られるようになるそうです。


ん~、確かに面白そうな試み。私個人の本音としては、その程度の情報なら携帯電話で見ればいい!…なんて思ってしまうのですが、一方で個人的に最も魅力を感じるのは『ポケモン』のソフトを持っていけば「プレゼント」を覚えたピカチュウがもらえるという、レアポケ好きには嬉しくなってしまう要素が用意されているということ。こういう試みなら今後も展開していってもらいたいと思うのです。

でも本当は…マクドナルドのようなファーストフード店などで無料のWi-Fi通信が使えるようになってくれた方が嬉しいんですけどね。2年前の『おいでよ どうぶつの森』の頃からずっとそれを願っているのですが、未だにその想いは叶わず。やっぱりいろいろと敷居が高いのでしょうか。海外では当たり前のように出来ているのに勿体ない話です。
これだけWi-Fi対応のゲームが増えて、携帯機で通信プレイするのが普通になってきているのですもの、もう少し屋外でも通信できる環境を整えてもらいたいものです。特に外でゲーム機を使う機会の多い人にとっては、それが悲願だったりするのです。


マクドナルドなどで世界の人を相手にレースゲームなどの対戦が出来るようになる日は来るのでしょうか?そういう世界を待ちわびている私です。

迷走の末に
言えない!言える訳がない!

昨日の記事であんな事を書いておきながら、結局遊んでいるのがWiiの『ソウルキャリバー・レジェンズ』だなんて!『ワイルドアームズ・アドヴァンスドサード』を遊ぶ前に、「ちょっと軽くお試しを…」と遊び始めたら止まらなくなってしまったなんて!


ま、迷走はいつものこと。とりあえず遊ぶゲームが決まってよかったな~。
急遽変更、据え置きゲーム
我が家にはX-box360が2台あったりするのですが、その片方にとうとうあの「RROD」が点灯しました。RRODとはRed Ring of Death、直訳すると「死の赤いリング」の略。初期型の360で多く見られる動作不良でマイクロソフトはこの不具合に限り無償で修理を受け付けているという、いわばメーカー公認のハード不具合です。

このRRODが発生した360は普段は女房がMMORPGの『FF11』専用機として使っています。冒頭にも書いた通り、我が家にはもう1台の私専用機がありますので、修理に出している最中は女房にはそれを使ってもらうことになりました。問題は私が据え置き機でちょうど遊んでいたのがワゴンセールで購入した360ソフト『お姉チャンバラvorteX』だったこと。ハードを女房に貸し出している以上、これを中断することになってしまったわけです。

ただ内心では「これはラッキー!」といった気分。なにせこの『お姉チャンバラ』というソフト、どうも私には面白さが分からなくて投げ出したい気持ちでいっぱいだったところです。そんなわけですから、ここは気持ちを切り替えて何か別の据え置き機向けソフトを遊ぶチャンス!…とばかりに、次に遊ぶソフトをゲームの棚から選ぶ作業に入りました(それはもう喜々として!)。
しばらく悩んだ結果、候補として選ばれたのは以下の3作。Wiiの『ソウルキャリバー・レジェンズ』にPS2の『ワイルドアームズ』シリーズのどれか、そしてGCの『ファイヤーエムブレム 蒼炎の軌跡』です。

どれも一長一短です。なにせWiiでは『マリオカートWii』が常時稼働中。『ソウルキャリバー』や『ファイヤーエムブレム』を遊ぶとなると、ディスクの入れ替え作業が常につきまとうことになります。まぁ『ファイヤーエムブレム』はゲームキューブを使えばいいのですが、『ソウルキャリバー』は必ずこの作業が必要となる訳です。これがちょっと面倒くさくもあるわけですね。
そういう意味ではPS2のソフトを遊ぶのがいいのかもしれません。今回候補に挙げた『ワイルドアームズ』シリーズは「銃と魔法」という世界観がずっと気になっていてワゴンセールなどで見つけてはちまちまと買い足してきたゲームです。この新境地となるシリーズを遊んでみるいいチャンスなんですね。ただ私にとっては「新規シリーズに新たに手を出す」という、久しぶりに未知の世界に飛び込む不安があるわけです。もし自分に合わなかったらどうしよう。そんなドキドキも抱えています。

とりあえず…。そう、とりあえず久しぶりにPS2を起動して『ワイルドアームズ』を遊んでみることにします。まずは『アドヴァンスド・サード』か『オルタコード:F』のどちらかを。そのうち『マリオカートWii』に飽きたら別のソフトに移るかもしれません。でもそれまでは。久しぶりのPS2ソフトをしっかりと楽しむつもりです。


あぁ、でも早く『ソウルキャリバー』をやりたいんだよなぁ…。
掛け持ち好きの恐怖
思い返してみれば、DSの『おいでよ どうぶつの森』は1年間遊び続けました。あのゲームについては年間を通したイベントが盛りだくさん用意されていましたから、どうしても毎日1回はゲームを立ち上げないと気が済まない気分にさせてくれたからだと思っています。

去年の冬に発売されたWiiの鳴り物入りタイトル、『Wiiフィット』もまもなくプレイし続けて半年になろうとしています。ゲーム内で「運動貯金」と呼ばれる実質運動時間も既に60時間を越え、もはや日課のような存在にまでなりました。さすがに毎日のように続けてきた効果もあって、少しはスッキリとした体型になったような気がします。そういう意味でもこのソフトには本当に感謝したいです。

なんだかDSが発売されて以降、このように長く遊び続けるゲームが明らかに増えたような気が。ゲームを遊ぶことを習慣づけようとしている事こそ任天堂の狙いなのでしょうが、それにまんまと乗っかってしまっているようです。
『脳トレ』や『ニンテンドッグス』などのライト層にアピールできるようなタイトルはもちろん、DSの『ポケモン』のようなRPGものまで。いろいろなソフトで毎日ちょっとしたイベントが起こるような仕掛けが用意されています。こういうものを外したくない私としては、つい乗っからざるを得ない状況になってしまっているんですね。

でもこの手の日常的に遊ぶゲームも、さすがにそんな数多くは掛け持ちできません。ただでさえメインで遊ぶタイトルがあるというのに、他にも掛け持ちソフトを増やすわけにはいかないのです。そんなことは分かっているのに…そんなことは分かりきっているのに!
買ってしばらく積んでいたソフトのうち、何本かが急に遊びたくなってしまいました。それは『ビックリマン』だったり『常識力』だったり『雑学苑』だったり。どれも毎日少しずつ遊ぶタイプのゲームです。

ただでさえ『ポケモン』に割く時間が多くて『カセキホリダー』の進行がいまいちなのに、これ以上増やしてどうしましょう。今はなんとか遊びたいという気持ちを落ち着けようと必死です。なんというか、いかにも掛け持ち好きな私らしいマヌケなお話。みなさんはこうはなりませぬよう。本当に悪い見本です。



しかし。密かに自分でも感心してしまうくらい長く続けているものが。それはWiiの『みんなで投票チャンネル』です。未だに一度もアンケートを外したことがありません。う~ん、不思議だ…そんなに固執しているわけじゃないのに。

とうとうあの色が!
今日はゲーム系ニュースサイト「GameSpark」さんから気になったニュースを1つ。

◎トロピカルな新色?DS Liteがヨーロッパのショップで予約開始

詳しくはリンク先を読んでいただければ分かるのですが、ここで記事を簡単に紹介しますと…

『いよいよ1億の大台も見えてきたNintendo DSですが、スペインのオンラインショップにて、これまでにない派手なレッドとグリーンの新色が予約されているみたい。現在、世界中で合わせると全部で9色がラインナップされていたりするDS Lite。これでも結構色が偏っているので、実際に登場したらなかなか良さそうです。』
『海外の任天堂から正式に発表され、無事6月13日にヨーロッパ全域で発売されることに。英語圏でのネーミングはシンプルに、レッド、グリーン、そしてターコイズ(アイスブルー)となる模様。新たにヨーロッパで展開される全7色をずらりと並べたポスターも公開され、とってもカラフル!』


…要するに欧州でDSの新色が発表されたというわけです。で、PCでご覧の方はリンク先の記事の写真を見ていただけると思うのですが…そう!これはまさしく私が以前から「欲しい!」と叫び続けていた「ガチャピングリーン」と「ムックレッド」じゃないですか!特にグリーンの方は単なる「緑色」ではなく、本当にガチャピン色の淡いグリーンなんです。

これは欲しい!何度かこのブログでも書きましたけど、本当に私の理想、欲しかったカラーなんです。そのうち日本でも発売してくれないでしょうか?噂によると日本でも既にライトブルーとピンクは生産中止になっているようですし、これはひょっとして新色追加のフラグかも!?…なんて思わず妄想をしてしまうくらい気になってしまうのです。


あ~、本当に出てくれないかな~!もし本当に欧州のみの発売なら…うん、25000円までは出しちゃうぞ!
珠玉の復元システム
発売日以来、ずっと携帯機で遊んでいるのが任天堂の『ぼくらはカセキホリダー』。化石を発掘して復元すると恐竜が復活、その恐竜たちでパーティーを組んでバトルを繰り返していくゲームです。
このゲームのキモは何といっても発掘した化石の復元。ここを上手に出来るかどうかで復活した恐竜の強さが変わってきます。もちろんバトルを繰り返す事で得られる経験値でも強くなるのですが、化石の復元度の高さで強さが底上げされるため、この作業が非常に重要になってくるのです。

さすがキモとなる部分だけあって、この復元作業のなんとも楽しいこと!微妙な力加減や作業の手早さなど、実にアナログな面白さが味わえます。雑に作業を行ってもいいのですが、そこはやっぱり綺麗に復元を行いたいもの。ついつい細かいところまでこだわって作業に没頭してしまうんですね。まさにDSならではのシステムといえるでしょう!この復元作業だけでも立派にゲームとして成り立ちそうなくらい完成されています。
そんな楽しい『カセキホリダー』ですが、このゲームの最大の難点はなんといっても「電車の中では一部のプレイに支障がある」というコト。いえ、もちろんバトルをする分には問題なく遊ぶことができますし、化石探しも電車の中であろうと問題なく遊べるんです。ただ化石の復元だけは別。これだけは通勤電車では出来ません。敷居が高過ぎるのです。

なにせこの復元という作業、まず音を聞ける状態でなければなりません。ドリルで邪魔な岩を削っていく際に起こる微妙な音の変化、これを聞き分けて削る位置を変えていかなければならないんですね。削っていく作業中に一瞬だけ聴こえる「チチチ…」という音、これを聞き逃してドリル作業を続けてしまうとアッという間に化石に傷が入ってしまいます。
さらにドリルで削る作業そのものも正確さを求められます。後半になると出てくる厄介な形の化石などは、それこそあの手術ゲーム『カドゥケウス』並みのタッチペンさばきを求められるような世界です。新幹線などのような比較的静かな列車ならともかく、揺れの激しい在来線でそれを行うのは至難の技と言えるでしょう。

おまけに削る作業で生じる邪魔な岩石のチリ。これはDSに向かって息を吹きかけることで吹き飛ばす事が出来るのですが、出来ることなら常にフーフーと息を吹きかけながら作業を行うのが理想です。そんなフーフーとDSに息を吹きかけてチョコチョコとペンで画面をいじくる姿を電車の中で晒すのはさすがに36を越えたオッサンには罰ゲームに近いものがあります。とても出来るものではありません!
そんなわけで。私の場合は電車で『カセキホリダー』を遊ぶ時に復元作業を避けられるよう、普段のプレイ中からある程度の調整が必要になります。なるべく復元作業は静かな場所で行っておくように。そしてストーリーを進行させる時や経験値を稼ぎたい時は電車で遊べるように。

キャラクターデザインやゲームシステムなど好みの要素が満載のゲームなだけに、ゲームのキモとなる復元作業が場所を選ぶ必要があるのが残念でした。でもそれ以外はとても楽しいゲームでとても気に入っています。
私なんかはタイトルの『ぼくらは』の部分で心をワシ掴みにされちゃいましたからね!やっぱり自分は子供向けゲームが好きなんだなぁ…と実感してしまったソフトがこの『カセキホリダー』なのです。

常に頭の片隅にいるモンスター
ちょうど1ヶ月お休みをしていましたが今日から復帰します。
今までと変わりませんが宜しくお願いします。


さてさて。
ブログ仲間の方々がハマっているように、私の周辺でもPSPの『モンスターハンターP2G』が盛り上がっています。当然のように仕事仲間からも「一緒にやりましょうよ!」「絶対にハマりますよ!」と薦められているのですが、残念ながら私の気持ちが盛り上がらず見送っているのが現状です。

なぜモンハンへの気持ちがそれほど盛り上がらないのか自分でもよく分からないのですが、おそらく「まだ他に遊びたいゲームがあるから!」というのが一番なのだと思っています。いま遊んでいるDSの『ぼくらはカセキホリダー』のように、携帯機ではDSなどで次から次へ面白そうなソフトが出てきています。結局はついそちらを優先してしまうんですね。まして手を付けたら膨大な時間がかかると分かっているのがモンハンです。つい後回しにしたくなる気持ちが先に立ってしまっているのです。

でもそれ以上に大きい理由。それがポケモン。私の頭の片隅には常に『ポケットモンスター』という大きなソフトが存在し続けています。バトルにコンテストにコレクション。どうしてもそれらの全てを遊び込みたいという気持ちから逃れられないのです。ふと気がついたら『ダイヤモンド』と『パール』の合計プレイ時間が450時間を越えているのですが、未だに「もうポケモンはいいや!」と思えません。モンハンに比べれば作業的な要素がはるかに強いゲームなのに、この呪縛からまだ解かれないのです。

しかもDSの『ポケモンレンジャー・バトナージ』をはじめ、Wiiで『みんなのポケモン牧場』みたいなコレクション要素を含んだゲームが登場したり、さらに秋には待望の『プラチナ』が登場したりと、任天堂からのポケモン攻勢は休まる気配がありません。普通なら「もうポケモンはいいよ…」と思うのでしょうが、このポケモンジャンキーなオッサンは喜々としてその攻勢を受け入れてしまうのです。新作の情報を目にしてはワクワクしてしまうのです。

「膨大な時間が必要なゲームはポケモンだけで充分」。
結局のところはそんな考えが先行してしまって、なかなかモンハンに手をつけられないのが真相のようです。もともと私は「いろんなゲームをたくさん遊びたい!」がモットー。長い時間がかかるゲームは1つが精一杯なんですね。
そんなわけで私のPSPはもうしばらく『ジェットでGO!』専用機な日々が続きます。いや、まさかこれが携帯機で遊べるなんて夢のようですよ!

復帰予告
20日から復帰します。

復帰後の記事内容は簡素なゲーム関連の日記と、ゲーム系のニュースから気になった記事の感想、それに特撮やアメコミなどについて少しずつ触れていこうと思っています。

…今までと変わらないかもしれませんね。まぁ、そんな感じで。


追伸(5/19 23:45)
長らくコメントを放置してしまい、申し訳ありませんでした。

ポカリ様、とんずら様。
YOHは元気でやっております。これから復帰しますので、今後ともまた宜しくお願いします。


プロフィール

YOH

Author:YOH
ゲームを愛するオッサンここにあり。
ゲームとマンガとアメコミとその他のいろいろ。

現在プレイ中のゲーム一覧
(ただいま積みゲー消化キャンペーン中!)

携帯機
DS:光の四戦士 FF外伝
PSP:ゴッドイーター

据え置き機
Wii:マリオギャラクシー2



twitter



XBOX360のマイタグ



カレンダー



カテゴリー



最近の記事



最近のコメント



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。